医学講座

第18回日本褥瘡学会北海道地方会

 今日は2019年2月23日(土)です。
 札幌は雪でした。
 札幌コンベンションセンターで、
 第18回日本褥瘡学会北海道地方会が開催されました。
 帯広から、
 まみ子師長さんも参加されていました。
 大勢の看護師さん、
 リハビリの先生(理学療法士さん)、
 …が参加されていました。
      ■         ■
 日本褥瘡学会にほんじょくそうがっかいは、
 私の恩師、大浦武彦先生がつくられた学会です。
 今日は、
 大浦武彦先生の特別講演がありました。
 褥瘡発生予測とリスクアセスメント
 ~オムツ交換、体位変換も大きな影響有り
 座長:髙橋誠 先生(日本褥瘡学会北海道地方会 代表世話人)
 演者:大浦武彦 先生(医療法人社団 廣仁会褥瘡・創傷治癒研究所 所長)

      ■         ■
 大浦武彦先生は、
 1931年5月11日(昭和6年5月11日)生まれです。
 今年5月11日で満88歳の米寿です
 現役の医師で、
 現役の研究者です。
 今日の講演もすばらしかったです。
 私が形成外科医になったのは、
 札幌医大6年生の時に、
 北大形成外科から特別講義にいらしてくださった、
 大浦武彦先生の講演を聞いたからです。
      ■         ■
 大浦先生の特別講演で、
 25年前に褥瘡学会を立ち上げる前の状況と、
 今の状況がいかに変わったかがわかりました。
 体圧分散マットレスの進歩や褥瘡ケアーの進歩がわかりました。
 大浦先生と代表世話人の髙橋誠先生、
 ユニチャームの共同研究によって、
 スキンコンディションという新製品ができたことがわかりました。
 自分が褥瘡になった時には、
 ぜひ新製品を使いたいと思いました。
 私は米寿まで現役医師は無理ですが、
 大浦武彦先生のますますのご活躍を祈念しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ