医学講座

学会発表の準備2019

 今日は2019年5月2日(木)です。
 札幌美容形成外科は休診日です。
 浦臼神社のリスを見に行きたいところですが、
 2週間後の日本形成外科学会の準備です。
 家でPCに向かっています。
 学会の準備は大きく変わりました。
      ■         ■
 私が医師になった頃は、
 学会の準備はスライド作りからでした。
 作るのに時間がかかるので、
 最低でも一週間前には完成していて、
 北大形成外科の医局で、
 先輩から厳しいチェックを受けました。
 先輩からのチェックと質問で私が成長できました。
      ■         ■
 予演会と呼んでいた医局もありました。
 本番の学会の前に、
 想定される質問を、
 先輩や同僚から厳しく質問されました。
 発表原稿を読んで、
 予定時間内に終了できるかどうか?
 ストップウォッチでチェックしていただきました。
      ■         ■
 はじめての学会発表は、
 1984年5月の第10回日本熱傷学会でした。
 函館中央病院形成外科で経験した、
 糖尿病を持った老人熱傷の一例です。
 今から考えると、
 学会発表をして、
 論文を書いたことで医師として成長できました。
 指導してくださった小野一郎先生に感謝しています。
      ■         ■
 札幌医大をクビになってから
 日本形成外科学会では発表していません。
 日本形成外科学会をクビになったわけではないのですが、
 日本形成外科学会で発表することに抵抗がありました。
 そのかわり韓国の先生たちが招待してくださったので、
 韓国まで行って英語で発表していました
 2週間後の発表は日本語で5分です。
 11年ぶりの学会発表なので、
 失敗しないように準備しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ