医学講座

第45回日本熱傷学会(北九州)②

 今日の小倉はいいお天気です。
 今年の日本熱傷学会会長は、
 産業医大形成外科の安田浩先生です。
 形成外科医の間では、
 知らない人がいないくらい有名な先生です。
 まじめで、
 患者さんに優しい先生です。
      ■         ■
 ネットで安田先生を検索すると、
 時事メディカルがヒットします。
 日本形成外科学会専門医、
 日本熱傷学会認定医、
 日本褥瘡学会認定師の資格を持つ創傷治療の名医として知られる。

 …と紹介されています。
 その通りです。
      ■         ■
 医師プロフィール
1984年 産業医科大学医学部卒業、産業医科大学皮膚科研修医、以降産業医科大学で皮膚科を、金沢医科大学で形成外科を研修。
1988年 金沢医科大学形成外科助手
1991年 産業医科大学皮膚科助手
1995年 医学博士取得
1998年 同講師
2003年 同助教授
2005年 産業医科大学病院形成外科診療科長
2007年 呼名変更で准教授
2014年7月 産業医科大学病院形成外科診療教授

      ■         ■
 安田先生は産業医大をご卒業になり、
 産業医大で皮膚科を研修されたのち、
 金沢医科大学で形成外科を研修されています。
 金沢医科大学形成外科は、
 日本の形成外科では最も伝統のある教室の一つです。
 私も何度も学会で金沢に行っています。
 安田先生の形成外科の師匠は、
 日本形成外科学会理事長を歴任された川上重彦先生です。
      ■         ■
 安田先生のように、
 最初に皮膚科に入ってから、
 形成外科医になった先生がいます。
 私の恩師の大浦武彦先生も、
 北大皮膚科で大学院を卒業されています。
 産業医大は皮膚科と形成外科が仲よしです。
 とてもいいことだと思います。
      ■         ■
 今日の学会で印象に残ったことです。
 たくさんの発表がありましたが、
 私の目にとまったのは、
 看護師さんのポスターによるご発表です。
 広範囲熱傷で救命できず、
 お亡くなりになった熱傷患者さんに、
 エンゼルメイク
 …という死化粧をする方法です。
      ■         ■
 広範囲熱傷で顔面が高度に損傷された方は、
 いくら腕のいいおくりびとでも、
 元の顔に戻すのは難しいです。
 発表者の前橋赤十字病院の看護師さんは、
 院内の研究グループで特殊なお化粧方法を開発されました。
 看護師さんらしい、
 とてもいいご発表だと感激しました。
 他にもいい発表があったので明日以降にご報告いたします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ