医学講座

2019年6月1日

 今日は2019年6月1日(土)です。
 今朝の札幌はさわやかないいお天気です。
 自転車で快適に通勤しています。
 ちょうど一年前から、
 自転車用ヘルメットを着用しています。 
 うちの奥さんは、
 髪がぺたんこになるので使わないそうです。
       ■         ■
 2019年5月から、
 元号が平成から令和に変わりました
 日本形成外科学会での発表も終わりました
 令和時代のわきが治療を考えていますが、
 今のところ保険適応で治せるのは、
 手術だけです。
 重度腋窩多汗症には、
 ボトックス注射です。
      ■         ■
 私が発表した、
 フラクショナルレーザーを用いた腋臭症治療は、
 残念ですが手術にはかないませんでした。
 有効だったのは、
 客室乗務員さんの手術
 …に書いたようなケースです。
 一度、外科手術を受けたものの、
 一部に薄いアポクリン腺が残存した方です
      ■         ■
 思春期で、
 まだアポクリン腺がそれほど発達していない時期に、
 レーザー治療をすると、
 においが改善する可能性が考えられました。
 あざのレーザー治療は、
 皮膚が薄い赤ちゃんによく効きます。
 アポクリン腺の治療は赤ちゃんでは無理ですが、
 においが気になる思春期の子供さんには、
 効く可能性が考えられます。
      ■         ■
 新しい治療法でエビデンスもないため、
 札幌美容形成外科では治療は行っておりません。
 患者さん本人が、
 においが原因で不登校
 …になっているとか、
 本人が強く治療を希望している場合は、
 診察をしています。
 腋臭症治療の研究が進んで、
 手術をしなくても治る時代になってほしいと願っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ