医学講座

後半は10キロ2周で合意 五輪マラソン

 今日は2019年12月19日(木)です。
 札幌美容形成外科は休診日です。
 今朝の北海道新聞朝刊に載っていた記事です。
 後半は10キロ2周で合意 五輪マラソン 19日に詳細発表
 札幌で開催される2020年東京五輪のマラソンコースのうち未定だった後半について、市中心部の約10キロを2周する設定で関係機関が合意したことが18日、複数の関係者の話で分かった。北大キャンパスや道庁赤れんが庁舎などを通る前半の20キロコースの北側半分を活用するルートで、世界陸連も了承した。大会組織委員会は壱拾九19日午後、コースの詳細を発表する。
 マラソンコースは4日の国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で、発着点を大通公園に決定し、前半は北海道マラソンをベースに市中心部の20キロを1周することで、組織委とIOC、世界陸連が合意。ただ、後半は意見が割れ、継続協議となっていた。
 後半のコースを巡っては、当初、組織委が前半の20キロをさらに1周する案を提示したのに対し、世界陸連はコンパクトな7キロを3周する案を主張。両者が詰めの協議を進める中で、折衷案として約10キロを2周する案が浮上した。14日に3者が合同で札幌のコースを現地視察した上で、細部を調整して合意に至った。
 関係者によると、7キロの3周案は、観戦者が密集して警備が難しくなるという。一方、合意した2周コースは前半と経路が重なる部分が多いため、3周案よりも準備や運営の負担が軽減される利点がある。
 組織委は20日に札幌市、道などとの第4回実務者会議を開き、合意したマラソンコースについて報告し、協議を行う方針。(大矢太作、久保吉史)

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 なかなかコースが決まりません
 今日発表になるのか?と思っていましたが、、、
 まだネットのニュースにも出ていません。
 私が好きなのは、
 北大構内、
 道庁の中です。
 札幌の緑豊かな風景を世界に伝えたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ