医学講座

中国の新型肺炎 北海道で患者発生

 今日は2020年1月29日(水)です。
 1月31日(金)から札幌雪まつりです。
 雪が降って雪像は大丈夫ですが、
 中国の新型肺炎が北海道に上陸しました
 北海道新聞朝刊の記事では、
 病院名は公表されていません。
      ■         ■
 2020年1月29日、北海道新聞朝刊の記事です。
 道内で新型肺炎 情報発信をしっかりと
 道はきのう、道内入りした中国湖北省武漢市在住の40代女性が新型コロナウイルスに感染し、肺炎を発症したと発表した。
 道内の病院に入院中で、容体は安定しているという。
 道外でも、武漢市からのツアー客を乗せた奈良県在住のバス運転手の60代男性の感染が確認された。国内で初めての人から人への感染例となっている。
 感染者は中国から世界へと拡大し、2012年の中東呼吸器症候群(MERS)を上回った。
 国内ではネットなどを通して不正確な情報も広がっている。
 厚生労働省や保健所など関係機関は、正しい情報の迅速な発信に努める必要がある。医療体制を整え、感染拡大を抑えるよう全力を挙げてもらいたい。
 道によると、女性は22日から道内観光をし、26日夜にせきや発熱の症状を訴え、27日に医療機関を受診し肺炎と診断された。
 自覚症状のない潜伏期間は長くて14日間あり、空港など水際で阻止するのは困難なのが実情だ。
 発症前でもせきやくしゃみなどでウイルスは広まる。うつし、うつされたりを防ぐため、マスクの着用や手洗いが欠かせない。
 札幌市内では31日から雪まつりが始まり、外国人観光客も訪れる。宿泊施設や飲食店などは接触感染を防ぐための消毒も必要だ。
 医療機関は感染者の受け入れを想定した対応も求められよう。
 感染が疑われる場合、事前に医療機関に連絡した上で、マスクを着けて受診するよう心掛けたい。
 問題なのは、全国83カ所の地方衛生研究所の検査体制が十分ではないことだ。
 道内には道や札幌市、函館市に3カ所あるが、結果の確定に必要なウイルスの遺伝子サンプルがなく、国立感染研での確認検査が必要なため、時間がかかる。
 厚労省は検査体制を整備するとともに、簡易に検査できるキットの開発を急がねばならない。
 政府は、交通網が封鎖された武漢滞在の邦人を帰国させるチャーター機を派遣した。
 新型肺炎を感染症法上の「指定感染症」とすることも閣議決定した。患者の強制入院や就業制限が可能になる。
 ただ、現時点ではMERSや重症急性呼吸器症候群(SARS)ほど致死率は高くない。感染力もインフルエンザよりやや高いものの、はしかや風疹より低い。
 あらぬ差別を生まぬよう、冷静な対応が求められよう。
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 私は大変なことだと思います。
 まず診断ができません。
 潜伏期の人から移ることもあります。
 このまま大流行になると、
 2020東京オリンピックの開催も危ういです。
 ネット上の知識しかありませんが、
 石鹸による手洗
 手を洗わない手で鼻や目や口などの粘膜に触らないこと。

 鼻くそをほじらないこと
 消毒用アルコール(70%)
 次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)塩素系漂白剤が有効

      ■         ■
 免疫力が低下している人、
 臓器移植後に免疫抑制剤を使っている人、
 抗がん剤治療を受けている人は、
 特に気をつけてください。
 これ以上、感染が拡大しないことを祈っています。
 診断も治療も今のところは難しいです。
 特効薬もありません。
 私はあまり出歩かないようにします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ