昔の記憶

誤診の経験

 私も‘誤診’をしたことがあります。
 わきがではありません
 手術の必要はありません
 …と診断した方…
 どうしても手術をしてほしいと来院され、
 実際に手術をしてみると…
 アポクリン腺がたくさんあって、
 患者さんに謝ったことがあります。
      ■         ■
 私が36歳頃だったでしょうか?
 市立札幌病院に勤務していました。
 当時のわきが診察法は、
 ガーゼを脇にはさんでいただき、
 しばらくしてからそのガーゼを外し、
 その臭いをチェックする方法でした。
 教科書に書いてある方法です。
      ■         ■
 私が臭いを嗅いでも…
 外来の看護婦さんが嗅いでも…
 臭いは感じられませんでした。
 今から考えると、
 わきが診察法としては不十分です。
 若い患者さんは…
 気にする人ほど…
 きれいにして病院に来ます。
 臭いが無いこともあります。
      ■         ■
 今は直接わきの皮膚を見たり、
 水のような汗(エクリン汗腺からのふつうの汗)か?
 クリームのような汗(アポクリン腺からの汗)か?
 汗の範囲はどの程度か?
 毛の太さや…
 毛を抜いた痕などもチェックします。
 毛を抜いている人には…
 粉瘤(ふんりゅう)という
 腫瘍ができていることもあります。
      ■         ■
 制汗剤のつけすぎで、
 脇の皮膚が黒くなっている人もいます。
 必要に応じて…
 皮膚の炎症を治す薬を出すこともあります。
 私がわきがを誤診した患者さんは、
 制汗剤で様子をみていましたが…
 どうしても臭いが気になるとのことでした。
      ■         ■
 自己臭恐怖症でないことを確認して、
 市立札幌病院で手術をしました。
 手術でメスで切ってみると…
 たくさんのアポクリン腺がありました。
 臭いの原因でした。
 ガーゼをはさんだだけで…
 わきがでないと診断したことを後悔しました。
 せっかく勇気を出して…
 市立札幌病院まで来て下さったのに…
      ■         ■
 手術後に…
 私は患者さんに謝りました。
 患者さんは…
 怒りもせず…
 治してくれたから、
 感謝しています…
 …と言ってくださいました。
 今でも忘れられない患者さんです。

“誤診の経験”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    若くなくても 診察の時は 念入りに シャワーを浴びて行くと思います。婦人科の内診の時も同じで 市販の洗浄器を使って洗浄してから受診して叱られた事もあります。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ