医学講座

アートメイクと眼瞼下垂症

 眼瞼下垂症の方は、
 まぶたが下がっています。
 まつ毛の上に皮膚がのっかっています。
 そうすると…
 マスカラが皮膚についてしまう
 アイラインがかけない
 アイラインが見えない
 …となってしまいます。
      ■         ■
 年齢とともに…
 アイラインが上手にかけないので…
 アイラインにアートメイクを入れる人がいます
 眼瞼下垂の程度が重症の人ほど…
 太く刺青を入れないと…
 アイラインが見えません。
      ■         ■
 アイラインに…
 幅広く…
 真っ黒に入ったアートメイク
 これが眼瞼下垂症手術の時に困ります。
 下垂を治して…
 のっかっていた皮膚を切除すると…
 隠れていた黒いアイラインが…
 真っ黒にでてきます
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術の直後は…
 どんなに丁寧に手術をしても皮下出血が出ます
 皮下出血の色と…
 刺青の黒が混ざると… 
 かなりどぎつい色になります。
 手術前にご説明いたしますが…
 実際に見るとショックです。
      ■         ■
 黒く入ったアートメイクは…
 最新鋭のレーザーでもなかなか取れません。
 アートメイク店に行くと…
 黒の上から肌色の色素を入れるところもあります。
 キレイに修正された例は見たことがありません。
 切除することも難しいです。
      ■         ■
 アイラインのアートメイクは入れるのも痛いです。
 まつ毛のすぐ上なので…
 素人が入れて…
 目に異常が起きても大変です。
 厚生労働省は…
 平成13年11月8日
 医政医発第105号
 厚生労働省医政局医事課長通達を出しています
 医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反する行為
①用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
② 針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為
③ 酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、しわ、しみ等に対して表皮剥離を行う行為

つまりこの通達によると、エステの脱毛、アートメイク、刺青師、ケミカルピーリングはみんな医師免許が必要になります。
 通達を出しただけではなく、
 しっかり指導監督をしていただきたいです。

“アートメイクと眼瞼下垂症”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    エステの脱毛は宣伝しているので医師免許なんていらないと思っていましたし、 入れ墨師も職人で医師免許なんて関係ないと思ってました。 私の行ってる耳鼻科ではピアスの穴もあけてくれますが、それも医師免許がなければできないのでしたよね。 なんか違法が周りにいっぱいみたいです。

  2. なっちゅん より:

    そんな因果関係があったとは・・・
    真っ黒なアートメイク、困りますね。
    肌色を後から入れる場合もあるのですか。
    考えもしませんでした。
    でもどちらにしても上手い仕上がりは望めないと・・・
    アートメイクは慎重に考えなくてはいけませんね。
    私はしないです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ