二重・眼瞼下垂

目頭側の二重幅が広い2018

 目頭側の二重幅が広い
 2015年10月5日の院長日記です。
 他院で埋没法を2回
 別の美容外科で、
 二重全切開の手術を1回しました。
 それでも、
 目頭側の二重幅が広くて
 眠そうな目です。
 あごを上げてものを見ています。

      ■         ■
 こんな患者さんの手術をすることがあります。
 二重の目頭側の幅が広くなるのは、
 眼瞼挙筋という筋肉の構造のためです。
 下の図は、
 ドイツ語で書かれた、
 Das Gesicht 顔
 …という臨床解剖の本の図です。
 見ていただきたいのが、
 眼瞼挙筋がんけんきょきん
 …という筋肉です。
      ■         ■
 丸い目をつくる技術③
 眼瞼下垂の再発③
 …に書いたように、
 手足の筋肉がケンタッキーなら、
 眼瞼挙筋ぎょうざの皮です。
 このぎょうざの皮は、
 下の図のように、
 視神経の方向にまぶたを引っ張ります。
      ■         ■
 形成外科専門医でも、
 注意して手術をしていない先生がいます。
 眼瞼下垂症手術をする時に、
 挙筋腱膜を引っ張る方向に注意しないと、
 目頭側の二重幅が広い目
 …になります。
 眼瞼挙筋を固定する位置が、
 微妙に違っただけで、
 二重の幅や目の形が変わります。
      ■         ■
 ぎょうざの皮を、
 髪の毛みたいに細い糸で、
 丁寧につくろうのは難しい作業です。
 難しい内容で申し訳ありません。
 なんちゃって先生にも、
 解剖学を勉強していただいて、
 せっかく手術をしたのに、
 目頭側の二重が広くて眠そうな目にしないでください。
 63歳の形成外科専門医からのお願いです。

“目頭側の二重幅が広い2018”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    なんちゃって先生がブログを見てくれていればよいのですが、 見ているのは真面目で勉強熱心な先生でしょうね。先生のお体が心配なんでコメントへのコメントはお休みください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ご心配いただきありがとうございます。私は元気です。移転準備は大変ですが職員全員でがんばって移転準備をしています。なんちゃって先生でも勉強して立派な先生になれます。患者さんにいい手術をしてあげたいです。

  2. えりー より:

    微妙な差で不自然な二重瞼に
    なってしまうのですね。
    目頭側の二重の幅に注目したこと
    がありませんでした。
    本当に熟練を要する技が必要な
    手術だと思いました。
    瞼は奥が深いですね。
    昨年末に道東に住んでいる主人の母が
    良性の脳腫瘍( 目のすぐ後ろ)の手術を
    したのですが片方の瞼が開かなくなり
    4ヶ月経っても閉じたままです。
    主治医もなぜ開かないのか
    わからないようです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。まぶたを開くのは動眼神経という神経と眼瞼挙筋という筋肉の働きです。脳腫瘍の手術後に開かなくなったのでしたら動眼神経麻痺が疑われます。

  3. なっちゅん より:

    全然関係のない話ですが
    昨日、病院の引っ越しのお手伝いをさせて頂く夢を
    見ました。

    本間先生は朝早いせいか、寡黙でした。
    奥様もいらっしゃって、明るかったです。

    でも何故かお写真と違い
    奥様は太っていらっしゃいました。

    やはりかなり病院の引っ越しが
    気になってるのだと思います。

    実際はなんのお手伝いも出来ず
    申し訳ありません。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。夢でも引越しを手伝っていただきありがたいです。ご心配いただきありがとうございます。ヤマトさんに引越しをお願いいたしました。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ