医学講座

学会発表と認定施設

 来週の第63回日本形成外科学会で発表するために、
 毎日PCに向かっています。
 札幌医大の図書館にも行きました
 5分間の発表をするために、
 何日間もかけて準備をしています。
 昔はこれをず~っとやってました。
      ■         ■
 私は、勤務医の時には、
 日本形成外科学会で毎年発表していました
 学会発表をしないと…
 学会の認定施設を維持できず…
 後輩が専門医を取得できないのです。
 大学に所属していたので、
 研究成果を発表する義務もありました。
 美容外科医になってからは、

 2つの日本美容外科学会のこともあり、
 国際学会以外では発表していません。
      ■         ■
 専門医を取得するためには、
 認定施設で研修をする必要があります。
 認定施設になっても、
 活発に学会発表をしていないと、
 認定施設を取り消されます
 学会が終わったら、
 また次の学会のネタを考えて、
 数ヵ月すると抄録を提出して、
 …ということの繰り返しでした。
      ■         ■
 優秀な後輩がいると、
 来年の総会でこれを発表します
 …なんて言ってくれますが、
 そんな若い先生はなかなかおらず、
 ○○先生、
 来年これを発表しない?

 …と言っても、
 え~っ?
 ぼく発表しなきゃダメなんですかぁ~

 …ということも想定されます。
      ■         ■
 それ以上に、
 若い先生がいないので、
 3人でやっていた認定施設に、
 主任部長一人しか残らない
 …なんて認定施設もあるようです。
 65歳は定年の年齢です。
 年齢に関係なく、
 大先輩を見習って
 来週の学会発表のため毎日勉強しています。

“学会発表と認定施設”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    専門医は大変なのですね。
    学会発表してないと
    認定施設を取り消されるのですか。
    知りませんでした。

    専門医は学会に出席し
    新しい医術を学ぶだけかと思いました。
    学ぶだけでも時間もかかり大変です。

    学会発表、頑張って下さいね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。認定施設を維持するのは大変です。症例数が少なくてもダメなんです。最近は若い先生が大学に残らないので、大きな病院の形成外科でも医師数が減っているところがあります。部長先生は大変だと思います。

  2. えりー より:

    本間先生のように一生懸命
    ご準備なさって発表されて
    学会で学ばれる本間先生の
    ようなお医者さまが、
    いらっしゃることで、
    医療も発展するのだと
    思いました。患者さんにとっても
    ありがたいことです。
    お若い先生も積極的に出席
    されて学ばれると良いですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。学会活動は大切です。同業の先生との交流もあります。来週の発表を実りあるものにしたいです。

  3. さくらんぼ より:

    学会で発表しないと後輩にも影響するなんて知りませんでした。先生は用意周到なので、あらゆる質問を想定して発表されるのだと思います。もう少しなので頑張って下さい。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お忙しいのにコメントをいただきありがとうございます。なるべく理解しやすく質問もしやすい発表にします。いつもは質問する側なので、、、がんばります。ありがとうございます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ