二重・眼瞼下垂

第135回日本美容外科学会JSAPS(福岡)③

 福岡で勉強したことの続きです。
 私たち形成外科専門医が手術をしても難しいのが、
 眼瞼下垂症手術です。
 意外に思われるかも知れませんが、
 形成外科専門医でも、
 先生によって手術方法が違います
 たくさんの手術方法があるということは、
 どんな手術方法にも利点欠点があるということです。
      ■         ■
 私が勉強になったのが、
 日本医科大学武蔵小杉病院眼科 眼形成外科
 村上正洋先生のご発表です。
 二次修正症例から考える保険診療における眼瞼形成手術のゴール設定

 村上正洋先生は、
 私と同じように保険診療でしか、
 眼瞼下垂症手術をしていません。
      ■         ■
 村上先生のところには、
 他院で眼瞼下垂症手術を受けたけれど、
 結果が思わしくない患者さんが来られます。
 手術をした先生からのご紹介でいらっしゃるそうです。
 他院で手術をした患者さんで、
 左右差があったり、
 開きが悪い患者さんを修正していらっしゃいます。
      ■         ■
 はっきり言って、
 とても難しい手術です
 左右差ができた原因や、
 開きが悪い原因を確かめて、
 苦労して修正手術をしていらっしゃいます。
 村上正洋先生は信頼できる先生です。
 眼瞼下垂症手術を受けたけれど、
 左右差や開きで困っている患者さんに、
 日本医科大学武蔵小杉病院眼科 眼形成外科
 村上正洋先生をおすすめします。
 教科書も執筆されています
20150712

“第135回日本美容外科学会JSAPS(福岡)③”へのコメント

  1. えりー より:

    教科書も執筆なさっている
    お医者さまなのですね。
    他院のお医者さまからも
    信頼される腕と知識を
    両方お持ちなのだと思いました。
    先生によって手術方法が違う
    ことは知りませんでした。
    患者さんもよくお聞きして納得
    されて手術をお願いすることが
    大切なのかと思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。左右差や開き加減の調節はほんとうに難しいです。形成外科の保険診療でも『見た目』を大切にすることが大事だという結論でした。

  2. さくらんぼ より:

    眼瞼下垂の手術は奥が深く勉強してもこれで終わりがなくいつまでも勉強なんですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    収穫時期でお忙しいのにコメントをいただきありがとうございます。やればやるほど難しいと感じます。終わりがないですね。

  3. なっちゅん より:

    お疲れ様です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お大事になさってください。

  4. りりー より:

    本間先生がそのようにおっしゃると言うことは、本当に素晴らしい先生なんですね。
    村上先生や、本間先生のように、信頼できる先生に出会える患者さんは幸せです。
    私も正直、本間先生に出会ってなかったら、色々選択が変わっていたと思います。
    これからも沢山の患者さんの笑顔を支えてください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私が手術をしても全員に満足いただいているのではありません。手術ですから予想外のこともあります。できるだけ丁寧に診ています。営利目的のビジネスとして美容医療をしているクリニックも残念ながらあります。気をつけていただきたいです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ