院長の休日

妻への感謝看病で恩返し

 平成29年11月19日、北海道新聞朝刊、読者の声への投稿です。
 妻への感謝看病で恩返し
 公務員_紙谷広樹_62
(札幌市中央区)
 11月22日は「いい夫婦の日」。私たち夫婦は結婚して36年が過ぎた。今日は妻に感謝の気持ちを伝えたいと思う。
 若い頃は、私が酒好きなこともあって、仕事にかこつけて飲み歩き、自宅に職場の同僚や後輩たちを招いたり、突然飲み友達を連れてきたりすることも度々あった。
 妻は嫌な顔一つ見せず、私の勝手な言動にずっと耐えてくれた。また、深夜に帰宅しても必ず食事を用意し、待っていてもくれた。それでも愚痴もこぼさず「十分幸せだよ」と言ってくれる。
 いつも妻は、プラス思考で明るく、私や家族みんなをサポートしてくれているのだ。中でも一番感謝していることは、私が体をこわした時、妻の献身的な看病に助けられたことだ。妻は、結婚以来、常に家族の健康管理のことを考えてくれた。そんな妻は、今年、大病を患い入院、手術した。今度は、私が精いっぱい介護する。
 これまでの尊敬と感謝の気持ちを込めて、今日は大きな声で伝えたいと思う。
 「ありがとう」
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 日曜日の朝に、
 気持ちのいい投稿を読ませていただきました。
 投稿者の紙谷さんは私と同年代です。
 奥さんも、
 おそらく同年代だと思います。
 入院して手術を受けられた奥様を、
 ご主人が献身的に介護する。
 なかなかできないことです。
      ■         ■
 結婚して36年は私たちと同じです。
 介護される時になったら…
 2013年5月18日の院長日記に書いてあります。
 本間家では…
 私が先に倒れて死ぬと想定しています。
 できれば…
 誰にも迷惑をかけずに…
 ぽっくりと逝きたいと願っています。
 現実にはなかなか難しいことがあります。
      ■         ■
 私は介護される時になったら…
 介護のプロにお願いしようと思っています。
 できれば…
 自宅で介護していただきたいです。
 犬もいるし…
 好きな景色もあります。
 奥さんを介護することになったら…
 プロに手伝っていただき…
 できる範囲で私も介護をすると思います。
 老人のおむつ交換も上手だと思います。
 子どもも含めて…
 なるべく迷惑をかけたくないというのが…
 私の正直な願いです。

      ■         ■
 奥さんを介護することになったら、
 介護のプロに応援をお願いして、
 私も介護をします。
 私一人で介護するのは無理です。
 二人とも介護されることになったら、
 介護のプロにお願いしたいと思います。
 嫌われないように、
 ありがとうだけは、
 ボケても忘れないようにします。
 紙谷広樹さんの奥様が、
 一日も早くよくなることをお祈りしています。

“妻への感謝看病で恩返し”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    共倒れになったら困るので
    やはり介護のプロに力を借りるのが
    いいでしょうね。

    父は認知症でしたが
    些細なことにも
    いつもありがとうと言ってくれました。

    私の顔をいつか忘れる日が来たら悲しいな
    と言う思いも杞憂に終わり
    安らかに天国に行きました。

    少しお迎えが早いかと思いましたが
    私はあまり苦労しませんでした。
    父の思いやりかと思ってます。

    デイサービスやヘルパーさんにも
    感謝してます。

    紙谷様の奥様が一日も早く
    治りますように!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。お父様のご冥福をお祈りいたします。ありがとうと言えたのはお父様のお人柄だと思います。私なんかいつも怒っているので認知症になっても怒りんぼのままで嫌われないか心配しています。

  2. さくらんぼ より:

    よいお話ですが現実は中々できないです。父は寝たきりのようになり 毎日夕方回ってくれる私の息子である孫に 気をつけて帰れよ、とか ありがとうとか言わなきゃだめだからと母に言われていますが、何も言いません、し 昨週歯を抜き 痛くて食事も食べないとかで元気が全くありません。 家で介護するのは大変だと思います。ヘルパーの資格を持っていても自分の身体が悪くてはだめです。 父は病院に入れてもらえたので 施設よりずっと安くて助かってます。 私は脊髄腫瘍の手術後も歩行器で歩けるようになると下の階に降りて行き洗濯から乾燥までして 家族に迷惑をかけないようしました。 私もぽっくり逝きたいです。 ふじの収穫も終えないのに山形は雪です。手稲の知人が朝一番に雪かきをしたと言っていたので札幌は本格的な冬ですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。元気なお父様でしたのに病気には勝てないですね。家で介護は無理だと思い、うちの親父のためにサ高住に入るつもりでしたが、間質性肺炎で一週間で天国に行きました。(おかげで)母親は元通りマンションで一人暮らしです。自分もいつどうなるかわかりません。札幌は本格的な雪になり積もっています。収穫お疲れ様です。お身体に気を付けてください。

  3. すみれ より:

    現在、老老介護になりそうです。記事にあったように妻がよくしてればよいけど、私の場合は家事もいい加減で好きなことをしていたので、いま、介護してもらっているのが、申し訳ない気持ちになります。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。すみれさんはよくできた奥様だと思います。それでもしてもらうと申し訳ないと思いますね。

  4. 紙谷広樹 より:

    こんにちは。
    札幌市内に住む紙谷広樹と申します。
    北海道新聞・読者の声「妻への感謝 看病で恩返し」を
    読んでくださり、ありがとうございます。
    妻も少しずつ回復しているようです。
    妻とは同じ歳で、高校時代からの知り合いでした。
    20年間近く、ヨガのインストラクターをしてましたが、まさか大病を患うとは思いませんでした。
    これから、2人で病と闘っていきます。
    応援よろしくお願いします。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。とてもいいお話しでした。奥様が順調に回復されることをお祈りしています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ