院長の休日

シロと6年ぶり再会

 甘えん坊の「しろたん」
 2015年1月24日の院長日記、
 被災犬しろたんの縁
 2016年111月16日の院長日記、
 …でご紹介した、
 原発事故の被害で全村避難となった
 福島県飯舘村生まれの被災犬しろたんの飼い主、
 大阪府能勢町の佐久久美さんからお手紙をいただきました。
      ■         ■
 突然、失礼いたします。
 私、「しろたん」の投稿で、先生の院長日記に2度も取り上げていただいた者です。
 先月31日、またまたその後の「しろたん」が、ひととき(朝日新聞西日本版)に掲載されました。
 今回は、朝日新聞社から、東日本版掲載の連絡はありません(ご覧いただいてない可能性があります)。
 我が家で相談の結果、先生にも是非読んで頂きたいので、送らせていただくことにしました。
 「しろたん」の存在は、私たち夫婦の大きな癒しであり、もたらしてくれた数々のドラマは、数多くの人々(動物も含めて)の一生を狂わせてしまった原発事故の問題を考えさせてくれています。
 2017年11月17日
 大阪府能勢町 佐久久美



      ■         ■
 平成29年10月31日、朝日新聞朝刊(西日本版)、
 ひとときへの投稿です。
 シロと6年ぶり再会
 3年前に動物保護施設から譲り受けた被災犬「しろたん」の元の飼い主の女性が、昨年10月に見つかった。そのUさん(87)は「シロ(しろたんの元の名前)は元気だった」ととても喜び、以来、どうしてもシロに会いたいと思うようになった。思いがかない、今月、福島から遠路はるばる娘さんとお孫さんに伴われて我が家に来られた。
 Uさんは東日本大震災後、原発事故により避難指示の出ていた福島県飯舘村の自宅にひとり、シロと暮らしていた。「生まれたときから私が育てたシロと離れたくないから、避難しない」と言って。でも結局、まわりの説得で避難し、シロを手放したのだった。
 私たち夫婦は車でUさんたちを途中まで迎えに行った。Uさんは「しろたん」に会う瞬間まで、何度も何度も「シロは私を覚えているだろうか。覚えていなかったら、それはそれで喜ばないといけない」と言っていた。
 6年ぶりに対面した「しろたん」は、Uさんを覚えていなかった。でも帰るときには、なんと車の中のUさんのそばまで乗り込んできた。思い出したからだろうか、Uさんの優しさがうれしかったからだろうか。
 大阪府能勢町(佐久久美 主婦71歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 北海道の朝日新聞には掲載されていなかったと思います。
 わざわざ新聞の切り抜きを送っていただき、
 ありがとうございます。
 はるばる福島県から、
 シロに会いにいらしたUさんのお気持ちがわかります。
 生まれたときから私が育てたシロと離れたくないから、
 避難しない

 どんなに辛かったことでしょうか?
      ■         ■
 シロは私を覚えているだろうか。
 覚えていなかったら、
 それはそれで喜ばないといけない

 6年ぶりの再会で、
 最後にはシロも思い出したのでしょう、
 車の中まで乗り込んできた
 よかったです。
 佐久久美さん、
 とてもよいお話しをありがとうございました。

“シロと6年ぶり再会”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    お葉書、嬉しいですね。

    Uさんがシロと離れ難く避難を拒んでたのは
    痛いほどわかります。

    再会に心が高鳴り成りながらも
    覚えていなかったら、
    それはそれで喜ばなければいけない
    とおっしゃったUさんは
    本当に優しい方です。

    本間先生が書かれてたように
    しろたんは最後に思い出したのでしょうね。

    素敵なお話ありがとうございました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。いいお話しですね。うちの犬は6年も離れたら私のことを忘れると思います。家でも餌を持っていないと言うことを聞きませんし知らんぷりです。困ったそら君です。シロはお利口な犬ですね。

  2. さくらんぼ より:

    しろとあえてよかったですね。我が家のちびも父の健康を保ってくれ、15年で亡くなりました。それから父は弱り 今日は意識レベル低下となりナースステーションの隣に移されたと息子が説明を受けてきました。 先生が今朝電話を下さった時、まさに 昨日の写真の仕事をしてました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。お父様の容態が心配です。お孫さんが勤務する病院に入れるなんて最高ですね。今朝はお忙しいのにお電話をして申し訳ありませんでした。久しぶりにさくらんぼさんの声をお聞きして元気をいただきました。収穫時期でお忙しいことと思いますがもう少しですね。がんばってください。さくらんぼさんの果物は世界一美味しいです。

  3. すみれ より:

    私も犬が大好き!シロタンの話、胸が熱くなりました。数々の災害の時のペットの姿をテレビで見ました。我が子のように可愛がっているペットを手放すのは、本当に辛いことですが、災害には、どうしようもないですよね。ペットを飼うとき、本当にペットの幸せを考えるようになりたいものです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。津波だけではなく原発事故で長期間の避難はとても残念なことです。ペットを連れて避難所に行けません。遠路はるばるシロに会いにいらしたお気持ちがよくわかります。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ