医療問題

わき汗ボトックス保険診療の制限

 わき汗ボトックスの保険診療には制限がつきます。
 自由診療とは違うところがあります。
 国が決めた通りにしなければ…
 保険請求ができません。
 札幌美容形成外科で…
 自由診療と一番大きく違うのが…
 麻酔です。
      ■         ■
 企業秘密を公開します。
 札幌美容形成外科のワキ汗ボトックス注射では、
 痛みを軽減するために…
 ペンレスという麻酔のテープを使っていました。
 このテープを脇に貼って…
 しばらく時間をおいて注射すると…
 痛みが減ります。
      ■         ■
 まったく痛くない…
 …というわけではありませんが…
 実験台になったうちの奥さんによると…
 貼った方と貼らない方では…
 けっこうな違いがあるそうです。
 何十箇所も豆注射をするので…
 かなり痛がる人がいます。
      ■         ■
 残念なことですが…
 保険診療では…
 ペンレスの使用ができません
 海外より異常に高いボトックスに比べると…
 ペンレスの代金なんて微々たるものです。
 それでも保険請求ができません。
 請求できないものは使えません。
      ■         ■
 ペンレスはとても有効な麻酔薬です。
 とっても残念ですが…
 保険で使用が認められているのは…
 静脈留置針穿刺時の疼痛緩和
 伝染性軟属腫摘除時の疼痛緩和
 …だけです。
 難しい言葉で書いてありますが…
 持続点滴の針を刺すとき
 みずいぼを取るとき
 …だけに認められています。
      ■         ■
 今まで札幌美容形成外科で…
 脇汗ボトックス注射を受けてくださった方には…
 大変申し訳ございませんが…
 国が決めた方針なのでご容赦ください。
 クリニックが受け取る注射料金は…
 両脇で180円だけです。
 自己負担分にすると約50円です。
 完全に赤字部門です。
 ご理解とご協力をお願いいたします。

“わき汗ボトックス保険診療の制限”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    貼るだけの麻酔があるなんて初めて知りました。歯を治療する時なども応用できないのでしょうか?注射は痛いし嫌です。先生企業秘密を暴露ですか(・∀・) 奥様いつも実験お疲れ様です。

  2. ラズベリー より:

    多汗症の保険治療では、痛みと止め(貼用テープ)が使えないっと書いてる医師がいらっしゃり、まさかと思いましたが、そうなのですね。
    保冷剤で、脇を冷やして注射とか工夫しないといけないのでしょうか。ペンレス貼用は疼痛緩和として認めるべきだと思いますね。医師が、何ヵ所も注射するのですから、やはり、医師が施行する注射として点数設定が必要ですし、また脇に注射するため、ある程度量が必要になってきますが、50、100単位だけだと125単位使用した場合、25単位余り無駄になること、患者には150単位分の薬剤請求をする為、コストが違ってくるため、25単位の薬剤も必要なのでは?っと思いました。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ