昔の記憶

英語が好きになったきっかけ

 高校一年生の英語は悲惨でした。
 札幌西高校の英語の先生は、
 (福原先生)とか
 閻魔[えんま](鈴木先生)と恐れられながら、
 生徒をびしびしと鍛えてくださいました。
 君たちの将来、
 英語は必ず必要になる!
 私は英語を厳しく教えてくださった、
 札幌西高校の先生に感謝しています。
      ■         ■
 英語会話という院長日記を
 2006年11月24日に書いています。
 高校二年生の頃だったと思います。
 西高の先輩で有名な方が、
 学校に講演にいらしてくださいました。
 「皆さん英語で苦労していますか?」
 「実は私も高校生の時は英語が苦手だったのです」
 「今ではビジネスでも全く苦労していません」
 「私はNHKラジオの英語会話で話せるようになりました」
 とお話してくださいました。
 これが最初のきっかけでした。
      ■         ■
 私は当時のNHKラジオ英語会話を聞きました。
 東後勝明(とうごうかつあき)先生の流暢な英語は、
 同じ日本人とは思えませんでした。
 高校の教科書と違い…
 NHKのテキストには、
 米国の空港で、
 入国審査を受ける場面がありました。
 実際に空港にいるような雰囲気で、
 バックの音が米国の空港でした。
      ■         ■
 同級生がニューヨークへ留学したり…
 札幌の姉妹都市である、
 ポートランド市から交換留学生が来ていました。
 いつかは…
 自分も外国へ行きたいと…
 をみていた賢一少年は、
 すっかり東後勝明先生のファンになりました。
 毎日、テープレコーダーに、
 ラジオから線をつないで録音しました。
 テープもカセットではなく、
 オープンリールという茶色いヤツです。
      ■         ■
 最初はさっぱり聞き取れませんでしたが、
 数ヵ月もすると、
 少しずつ聞けるようになりました。
 聞き取れなかったところは、
 テープを巻き戻して何度も聞きました。
 いつかは外国へ行きたい
 という少年のが、
 私を英語好きにしてくれました。
      ■         ■
 学校の英語の成績はすぐにはUPしませんでした。
 それでも、
 高校2年生になると、
 少しずつ成績もUPしてきました。
 貧乏な家に住んでいた、
 少年時代の私は、
 いつか外国へ行ってみたいというを持っていました。
 そのに少し近づけたのが、
 東後勝明(とうごうかつあき)先生の英語会話でした。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ