医療問題

世界一ボトックスが高い国ニッポン

 ボトックスについては何度も院長日記で紹介しています。
 私は…
 安全性が高く
 効果が確実
 …な治療だと考えています。
 美容目的以外でも、
 顔面神経麻痺の治療にも使われています
      ■         ■
 健康保険で使える薬は、
 日本の厚生労働省が認可した薬だけです。
 日本国内では、
 グラクソ・スミスクラインという会社が販売しています。
 ボトックス注射用という商品名です。
 50単位と100単位があります。
 わきボトックスに使うのは、
 100単位です。
 この薬の薬価が92,249円です。
      ■         ■
 私たち医療機関は、
 薬問屋さんからボトックスを購入します。
 購入する時には消費税もかかります。
 92,249円から多少割り引いてもらって買っても…
 消費税分が高くなります。
 保険請求の時には…
 消費税分は請求できません
      ■         ■
 私たち美容外科医が使うボトックス。
 100単位で92,249円+消費税なんて薬は…
 どこでも使いません。
 使うとすれば…
 大学病院や公立病院だけです。
 美容目的には、
 ボトックスビスタという商品があります。
      ■         ■
 同じ単位で計算すると…
 ボトックスビスタが割安になっています。
 またボトックスは…
 日本以外の国でも販売されています。
 大部分の美容外科医は、
 個人輸入という形で…
 海外からボトックスを購入しています
      ■         ■
 価格は業者さんによってまちまちです。
 信頼できる業者さんにお願いして、
 FedEXの送料や通関料を払っても…
 92,249円の半額以下が相場です。
 札幌美容形成外科では、
 Dysport(ディスポート)という、
 英国イプセン社製の製品を使用しています。
 アラガン社の製品ではありませんが、
 有効性と安全性が確かな製品です。
 クール便で輸入しています。
      ■         ■
 札幌美容形成外科では、
 2013年1月からボトックスの料金を改定しました
 わきボトックスは両脇で5万円(消費税込)です。
 私の国に対するささやかな抵抗です。
 海外から直接輸入した製品を使うと、
 5万円でも赤字にはなりません。
 日本のボトックスが高すぎるのです。
      ■         ■
 ボトックスは、
 正しく使えば魔法の薬です。 
 日本の国は健康保険の赤字で苦しんでいます。
 薬価の問題や、
 海外で使われている薬の承認問題を解決すると、
 もっと医療費を削減できて、
 快適に生活できる人が増えます
ボトックスの作用と仕組み

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ