昔の記憶

新成人へ贈る言葉2013-②

 私が人生で一番勉強したのは…
 医科大学ではありません。
 予備校です。
 一番記憶に残っている講義は、
 予備校の講義です。
 大学受験ラジオ講座も忘れられません。
      ■         ■
 私の好きな言葉が無限の可能性です。
 若者には…
 無限可能性がある
 決して…
 あきらめてはいけない
 昔、旺文社の大学受験ラジオ講座で、
 勝浦捨造先生が、
 くりかえし述べられたお言葉です。
      ■         ■
 勝浦先生の担当は数Ⅰ(すういち)。
 数学の基礎です。
 先生の関西なまりのあるお言葉、
 今でも覚えています。
 一度や二度の失敗で、
 くよくよするんでない!
 と北海道弁で言います。
      ■         ■
 受験は自分との闘いです。
 人生も自分との闘いがよくあります。
 センター試験前の時期は…
 誰でも弱気になります。
 『もうだめだ…
 『また、来年もかぁ…
 …と考える時期です。
 私自身がそうでした。
      ■         ■
 私は、毎年、必ず矢野先生のことを想い出します。
 矢野雋輔(やのしゅんすけ)先生は、
 藤女子大学の教授でした。
 私が通った、
 桑園予備校(現在はありません)
 札幌予備学院(現、河合塾札幌校)で、
 生物の講義を担当してくださいました。
 苦手だった…
 生物の分類を
 『お経(きょう)のように覚える』記憶法
 …を教えてくださいました。
      ■         ■
 単調になりがちな…
 生物の講義を、
 楽しく、興味深く教えてくださいました。
 矢野先生がいらっしゃらなかったら…
 私は医学部へ合格できなかったと思います。
 もちろん医師にはなれませんでした。
      ■         ■
 高校~予備校の
 受験生の頃…
 見たいTVもがまんして…
 彼女がいた友人を…
 横目で羨ましく思いながら…
 毎日、必死で勉強していました。
      ■         ■
 あぁ~~!
 今日もまた寝ちゃった!
 ここまでやろうと思ったのに…
 あぁ~~!
 また同じ問題を間違った!
 これで3回目だ。
 あぁ~~!
 また同じ単語の意味を忘れた!
 前回、辞書を引いたのは、
 つい一週間前だ。
 (私は辞書の単語に日付をつけて、
 何回、同じ単語を引いたか記録していました)
      ■         ■
 こうして苦労して勉強していました
 合格発表の日まで、
 自分が合格する自信はありませんでした
 私の生き方は…
 この受験生時代に築かれたようにも思います。
 後輩の先生が、
 私のことを…
 ストイックだと言ったことがありました。
 良い意味なのか…?
 悪い意味なのか…?
 わかりません。
      ■         ■
 決して諦めるな!
 若者には無限の可能性がある!
 この言葉を…
 私と同じように…
 受験生として成人式を迎えた若者に贈ります。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ