医学講座

第56回日本形成外科学会①

 明日から、
 東京の京王プラザホテルで…
 第56回日本形成外科学会が開催されます。
 今日は診療を早目に終了して…
 夜から東京です。
 形成外科学会は…
 毎年、春に大きな学会があります
      ■         ■
 今年の会長は…
 帝京大学 医学部 形成・口腔顎顔面外科学教室の…
 平林慎一教授です。
 平林先生は東大形成外科のご出身です。
 私たちの世代の形成外科医です。
 平林先生で思い出すのは…
 東大時代にラットの頭を2つにした実験です。
      ■         ■
 赤い目がついた頭が2つあるラットを見た時は…
 正直なところ驚きました。
 今年の学会のテーマは…
 青いバラです。
 平林会長のあいさつ文からの抜粋です。
 今回の学術集会では、青いバラに象徴される”不可能を可能に“をテーマとしました。青いバラはバラ愛好家の長い間の夢でした。ただ、バラには青の色素を作る能力がなく、英語でblue roseといえば「不可能」を意味するものでもありました。しかし、昨今の遺伝子組み換え技術はこれをも可能とし、作られた青いバラには”夢かなう“の花言葉が与えられました。これにあやかり、今回の学術集会を、参加者に夢を抱かせ、夢を叶えるヒントを与えるものにできればと考えています。ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
      ■         ■
 私にはラットの頭を2つにすることも…
 不可能を可能に…
 …もなかなか難しいです。
 新しい学問を吸収して…
 じやまなじじいにならないために…
 3日間、勉強をしてきます。
 休診でご迷惑をおかけしますが…
 よろしくお願いいたします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ