昔の記憶

社会人入学

 私が一浪で札幌医大に入学したのは…
 1974年(昭和49年)4月です。
 今から39年前です。
 当時の入学定員は100人でした。
 私が入学した年から…
 定員80人が100人に増えました。
 20人増えたので合格できたのかも…?です。
      ■         ■
 同級生で…
 子どもがいる人が3人いました
 3人ともお父さんでした。
 会社勤務を経て…
 札幌医大の入学試験を受けて…
 みごとに合格した人たちです。
      ■         ■
 当時は社会人枠などというのはありませんでした。
 高校を卒業した人たちと同じように…
 入学試験を受けて合格したのです。
 最高齢は26歳だったと記憶しています。
 今から考えると若いお父さんです。
 働きながら試験勉強をして…
 学生時代は家庭教師のアルバイトをかけもちして…
 生活費を稼いでいました。
      ■         ■
 社会人を経験した人たちは…
 教室では…
 ○○さんと…
 さん付けで呼ばれていました。
 自分たち若造とは違って…
 頼りになる兄貴分でした。
      ■         ■
 兄貴たちには常識もありました。
 お通夜の礼儀作法。
 香典袋の書き方。
 手紙の宛名の書き方。
 いろいろな常識を教えてもらいました。
 アルバイトをしながらの学生生活でしたが…
 留年者は一人もいませんでした。
      ■         ■
 勉強をしなかった私と違って
 お父さん学生はとても真面目に授業を聴いていました。
 途中で授業を抜け出す人もいませんでした。
 生活がかかっているので
 6年間で卒業して
 早くお医者さんになって
 稼がなければ
 …という思いがあったと考えます。
      ■         ■
 お父さん学生の子どもさんは…
 立派に成長されました。
 私の記憶が正しければ…
 子どもさんたちも…
 お父さんと同じ医師の道に進まれました。
 全員とても良いお医者さんです。
 昨日の40歳で娘と同じ看護学科へのお嬢さんも…
 お母さんが勉強する姿に魅力を感じたので…
 看護師を選ばれたのだと思います。
 札幌からお二人のご活躍を祈っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ