医療問題

わき汗ボトックス【保険】範囲の広い人は注意

 昨日の院長日記、
 わき汗ボトックス保険診療の制限
 ラズベリーさんからコメントをいただきました
 脇に注射するため、ある程度、量が必要になってきますが、
 50、100単位だけだと125単位使用した場合、
 25単位余り無駄になること、
 患者には150単位分の薬剤請求をする為、
 コストが違ってくるため、25単位の薬剤も必要なのでは?っと思いました。
      ■         ■
 少し専門的なことです。
 コメントの要旨は…
 範囲が広い人には…
 少し余分に必要なのでは…?
 その時に…
 25単位という小容量の薬も必要なのでは…?
 …ということです。
      ■         ■
 たとえば…
 体重45㎏の人と…
 体重75㎏の人では…
 脇の汗が出る面積が違います。
 わきが手術をする時に…
 45㎏の人に必要な麻酔薬の量と…
 75㎏の人に必要な量は違います。
      ■         ■
 麻酔薬は多く使うと…
 通常の範囲内であれば多く使った分も保険請求ができます。
 ところが…
 わき汗ボトックス【保険】では…
 45㎏の人も75㎏の人も…
 同じ量しか使えない決まりです。
 両脇で100単位です。
      ■         ■
 上手に注射すると…
 同じ100単位を使って…
 45㎏の人も75㎏の人も満足できる結果になることが多いです。
 やったこともない先生が
 ネットのイーラーニングだけで覚えた知識で
 マニュアル通りすると
 絶対にクレームになります
      ■         ■
 保険で3万円が安いと思うのは…
 今までに高いお金を出して自費で注射した人だけです。
 3万円は安い金額ではありません
 3万円も払ったのに…
 高価な服に汗染みがついた!怒!
 どうしてくれるの!怒!怒!怒!
 …となります。
      ■         ■
 そんなこと言われたって…
 病院は180円しかもらってないんですょ…
 とほほ…
 …なんていいわけしても…
 3万円返してちょうだい!
 クリーニング代出してちょうだい!
 …と言う人がいないとも限りません。
      ■         ■
 わき汗の診断基準と病院選び
 …に書いたように…
 メーカーのHPには…
 今まで一度もわき汗ボトックスの注射をしたことがない…
 …と私が思うクリニックが載っています。
 ワキ汗の範囲が広い人は…
 100単位でも汗が出ることがあります。
 保険診療なので保証はありません。
 注意して病院を選んでください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ