昔の記憶

幸せな人生2014

 最高の人生とは?
 2009年1月23日の院長日記です。
 最高の人生とは何か?
 ちょっと考えてみました。
 私が子どもの頃、
 近所のお医者さんの家は、
 裕福で、
 テレビも
 ピアノも
 自動車も
 自分の家にないものが、
 お医者さんの家には何でもありました。
      ■         ■
 私の母親は、
 私の父親が薬剤師で、
 お医者さんの方が、
 薬剤師の倍もお給料がもらえるから、
 家にないものが、
 お医者さんの家には、
 『何でもある』と
 子どもの私に教育しました。
      ■         ■
 裕福になりたいから…
 お金持ちになりたいから…
 子どもの頃から勉強して、
 お医者さんになったのかも知れません?
 確かに、
 医師免許証があれば、
 生活に困ることはありません。
 雇用保険も、
 一度もいただいたことはありません。
      ■         ■
 研修医の頃は、
 貧乏だったこともありますが、
 結婚して子どもが生まれてからは、
 生活に困ったことはありません。
 分不相応な家を建てて、
 住宅ローン地獄になった時以外は
 同世代の友人たちより
 ‘よい暮らし’
 をしていたと思います。
      ■         ■
 私が子どもだったころから、
 50年が経ちました。
 両親は83歳と81歳になります。
 年齢相応に衰えていますが、
 まだ元気です。
 両親は私が札幌医大に合格した時、
 医師免許証を取得した時、
 とても喜んでくれました。
      ■         ■
 世間から見ると、
 順風満帆な人生で、
 最高の人生かも?知れません。
 50年経ってみると、
 父より高給だったお医者さんは、
 父よりずっと短命でした。
 お金をたくさん残された先生もいらっしゃいます。
 でも残された奥様は…
 お一人で寂しく余生を送っていらっしゃいます。
      ■         ■
 薬剤師の父親は、
 つい数年前まで、
 調剤薬局のピンチヒッターとして、
 働くことができました。
 私はどう頑張っても、
 父親の年齢まで生きられる自信がありません。
 父親よりずっと短命だと思います。
 形成外科医としての寿命は、
 もっと短いと思います。

      ■         ■
 先日、私の子どもに言われました。
 私が30代後半だった頃のことです。
 お父さんとプールに行った時、
 病院から呼ばれた
 …と一人で帰ってしまった。
 プールに行っても、
 いつも疲れて寝てばかりいた
 (私は)休みの日は、
 しっかり休める仕事がいい。

      ■         ■
 なるほど、
 子どもは覚えているのですね。
 自分では?
 プールで寝ていたことは覚えてますが、
 病院から呼ばれた回数は数知れず…
 それがあたり前と思っていたので、
 何の手術で呼ばれたのかも覚えていません。
      ■         ■
 私にはいろいろな職業の友人知人がいます。
 私はパイロットになりたかったのですが
 キャプテンだった知人は、
 もう亡くなってしまいました。
 弁護士さんも大変そうです。
 会社の社長さんも大変です。
 休みがありません。
      ■         ■
 私の同期で、
 60歳で定年退職した人がいます。
 (自分が病気をして)
 かあちゃんに苦労をかけたから、
 これからは、
 二人で旅行でもして、
 のんびり暮らすさ…

 彼は役員でも社長でもありませんが、
 私から見ると幸せな人生
 …だと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ