医学講座

大同生命との協議①

 2016年2月8日(月)虎門中央法律事務所の弁護士柴田征範さん、
 大同生命の不動産部小林課長、山田係長が
 高橋智法律事務所に来られました
 大同生命は、
 この秋、長くても年内の立ち退きを希望しているとのことです。
 大同生命からは、
 不動産鑑定の結果、
 借家権価格、1550万円、
 移設費用、4950万円
を提示されました。
 私が院長日記で求めていた
 取り壊し半年前に取得した意図については説明がなく
 あらためて高橋智先生から伺っていただくことにしました。
      ■         ■
 やっぱり私が考えていた通りの道筋です。
 2019年秋竣工だと、
 遅くても年内の立ち退きでないと間に合いません。
 そもそもどうしてこんなことになったのか?
 丁寧な説明がありません
 立退料と税金
 2016年1月8日の院長日記に書いたように、
 立退き料をもらっても、
 半分は税金で無くなります
      ■         ■
 6500万円というと高額に聞こえますが、
 医療法人札幌美容形成外科で一年間診療をすると、
 そのくらいの金額は稼ぐことができます。
 そこから薬代を払ったり、
 従業員のお給料を払ったり、
 家賃や光熱費を払います。
 私はお金はいりませんと何度も言っています。
 6500万円の立退き料では、
 新しいクリニックは作れません

 入居するビルもありません。
      ■         ■
 クリニックが入るビルには条件があります。
 ビルの条件という、
 2007年6月29日の院長日記に書いてあります。
 天井高2800
 個別空調
 スプリンクラー工事
 24時間出入り可能
 給排水工事
 麻酔余剰ガス
 ガス滅菌機の排気

 簡単にビルは見つかりません。
      ■         ■
 私が腹立たしいのは、
 大同生命という会社の経営方針です
 ご存知だと思いますが、
 NHKの朝の番組で、
 あさが来たをやっています。
 NHKとしては20%を超える高視聴率です。
 主人公の広岡浅子が大同生命の創立者です
      ■         ■
 あさが来たをうちの奥さんが見ています。
 女性行員を登用したり、
 女性が活躍する社会を作ったすばらしい方だと思います。
 私だけならともかく、
 コンタクトオフビルには
 2年前に念願のお店を持たれて、
 リラクゼーション店を経営していらっしゃる女性もいます
 大同生命さんに言います。
 お金はいりません
 この、長くても年内に追い出したいなら、
 まず私たちに新しい診療所と店舗を準備してください。
 私は追い出されるのには慣れています
 48歳の時に札幌医大を追い出されました
 創業者が泣いていますよ!
20160211

NHKのHPから引用
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ