二重・眼瞼下垂

第27回日本眼瞼義眼床手術学会(横浜)③

 今日の札幌は猛吹雪です。
 新千歳空港も朝の時点で多数の欠航が決まっています。
 早朝の1便目だけ、
 運良く着陸できたようですが、
 2便目は離陸はしたものの、
 着陸できず羽田に引き返したようです。
 これが一番疲れます。
 大同生命不動産部と
 虎門中央法律事務所の弁護士さんも大変だと思います。
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術も、
 なかなか予定通りに進まないことがあります。
 ふつう通りに手術をしても、
 うまく目が開かないことがあります
 左右差ができることもあります
 目頭側の二重だけ膨らむこともあります
 手術中に確認して
 手術直後に確認して、
 うまくいったと思っても、
 何年か後で再発することがあります。
      ■         ■
 飛行機は着陸できなければ、
 出発地に戻ることができますが、
 手術はうまく目が開かなくても、
 手術前と同じように戻すことはできません。
 切ったところに傷が残ります。
 目が開かなくて、
 傷だけ残るなんてことはできません。
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術は難しいです
 保険でしても、
 自費でしても、
 術者の技量によるところが大きいです。
 高いお金を払って、
 自費で手術をしたから100%満足とは限りません。
 札幌美容形成外科では、
 眼瞼下垂症は保険でしか手術をしていません。
      ■         ■
 日本眼瞼義眼床手術学会は、
 眼瞼の手術が好きな先生が集まっています。
 人数も100人程度と少ないので、
 発表者の先生と話しをすることができます。
 教科書に書いていない、
 微妙な手術操作や、
 どんな糸で、
 どこに何本くらい固定するか?など、
 毎日の手術に役立つ情報交換ができます。
 来年は静岡の学会に参加します。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ