医学講座

性器の手術_男女差

 男女を問わず性器で悩む方は多いです。
 間違いだらけのクリトリス包茎手術
 間違いだらけの包茎手術選び
 腹立たしいのは、
 安い料金をネットに載せておいて
 お客さんを呼んで、
 すご腕の受付カウンセラー
 オプションをたくさんつけて
 ぼったくる美容外科です
      ■         ■
 私が勤務医をしていた頃のことです。
 ある男性の患者さんを全身麻酔で手術をしました。
 手術時間が長い時は、
 おしっこがたまらないように、
 おしっこのくだを入れます。
 尿カテにょうかてと言います。
 くだを入れようとした時、
 重度の真性包茎で、
 おしっこの出口(尿道口)が見えない人がいました。
      ■         ■
 手術後のある日、
 患者さんと2人だけだったので、
 ○○さん、
 真性包茎しんせいほうけい
 という病気があります。
 おしっこの出口が見えないので、
 手術で治す方法があります。

 …と説明しました。
      ■         ■
 すると患者さんは、
 先生、俺のは病気なの?
 でも、今までこれで困ったことはないし、
 ちゃんと子供もできたし、
 別に手術しなくてもいいゎ。

 …と話されて、
 結局、真性包茎のまま退院されたことがありました。
      ■         ■
 その患者さんは真面目な方で、
 おそらく先輩や友人から、
 包茎という言葉すら聞いたことがなかったのだと思います。
 何が言いたいかというと、
 真性包茎でも、
 日常生活で困ることは少ないのです

 包皮炎でも起こさない限り、
 痛くなることもありません。
      ■         ■
 それにくらべて、
 女性小陰唇肥大は、
 痛かったり、
 かゆかったりすることがあります。
 中には保険適応にしてあげたいと思うほど、
 重度の小陰唇肥大もあります。
 いわゆる小陰唇肥大ではなく、
 恥骨部分から、
 会陰部まで肥大している患者さんもいらっしゃいます。
      ■         ■
 困るのが、
 公立病院の形成外科です。
 お母さんが心配して、
 お子さんの相談に来ることが、
 まれにあります。
 男の子だったら、
 保険に包茎手術があります。
 保険の手術は公立病院でできます。
      ■         ■
 どんなに重度の肥大でも、
 女性の手術は、
 健康保険に手術点数がありません。
 お母さんが心配するような状態でも、
 保険点数がない手術は、
 公立病院ではできません。
 かと言って、
 中学生の女の子に
 美容外科で手術を受けてくださいも言えません。
 女性国会議員の方にお願いします。
 将来は保険点数に、
 女子外性器縮小手術を入れてください。
 困っている女性がたくさんいらっしゃいます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ