医学講座

平成28年度診療報酬改定説明会

 今日は朝9:30から、
 札幌コンベンションセンター大ホールで、
 平成28年度診療報酬改定説明会がありました。
 2年毎の診療報酬改定のたびに、
 たくさんの人が集まって開催されます。
 前回は2014年3月21日に、
 平成26年度診療報酬改定説明会がありました。
      ■         ■
 今年は、
 一人目の説明者が、
 集団的個別指導2015で、
 とてもためになるお話しをしてくださった、
 厚生労働省北海道厚生局医療課、
 指導医療官の佐野晋司先生でした。
 佐野先生は、
 9:40~10:50まで70分間、
 一回も休まずに話しを続けられました。
 大変だったと思います。
 原稿棒読みではありませんでした。
      ■         ■
 私が感じたのは、
 厚生労働省が準備した膨大な資料を、
 少しでもわかりやすく伝えたいという佐野先生の熱意でした。
 他のお役人と違いました
 パワーポイントの資料は、
 平成26年と同じで最悪でした。
 資料を入り口で配布されました。
 A4のコピー用紙に両面印刷です。
 字が小さく読めません(A4一枚に4つの画像です)。
      ■         ■
 今年もこの説明会の通知が来たのが、
 平成28年2月19日(金)でした。
 平成28年3月20日(日)は診療予定だったのに、
 この説明会のために急遽休診にしました。
 毎回腹立たしい思いです。
 今年の改定の主な部分は、
 地域包括ケアシステム
 医療機能の分化・強化、連携です。
      ■         ■
 はっきり言って、
 私たちのような開業医(無床診療所といいます)には、
 90%以上は関係のないことばかりでした。
 最後にお役人が言われたことは、
 今日の説明会ではすべてを網羅していません。
 厚生労働省からの通達を読んで、
 各医療機関毎にご確認ください。

 じゃあ、何のために高いお金をかけて説明会を開催したの?
 もう今度から来ないょ。
 …と言いたい気分でした。
      ■         ■
 厚生労働省北海道厚生局医療課、
 指導医療官の佐野晋司先生が発表者でなければ、
 また文句を言いたいところでした。
 厚生労働省に言います。
 パワーポイントの資料を配布するくらいなら、
 インターネットのサイトから、
 ダウンロードできるようにしなさい。
 iPadで見ながら、
 説明を聞いたほうがよっぽどわかりやすいです。
 今日はあまりためになるお話しは聞けませんでした。
20160320-0

資料配布中

20160320-1

スクリーンに映る画像厚労省HPからダウンロード

20160320-2

会場後方から読めません
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ