昔の記憶

北海道新幹線開業

 今朝の北海道新聞を手に取って驚きました。
 下の全面広告2枚分の紙面で、
 北海道新聞が包まれていました。
 新聞記事はどこにあるの?と思ったら、
 中にふつうの新聞がありました。
 北海道新聞社の意気込みを感じました。
      ■         ■
 裏には、
 北海道知事(高橋はるみさん)、
 JR北海道社長(島田修さん)、
 スポンサーの北海道銀行頭取(笹原晶博さん)
 …の写真がありました。
 北海道にとって、
 待ちに待った新幹線です。
 朝のTVでも一番列車をヘリから撮っていました。 
      ■         ■
 青函トンネルが開通した1988年(昭和63年)、
 私は、
 釧路労災病院形成外科から、
 函館中央病院形成外科に転勤しました。
 33歳の時でした。
 その年の9月に34歳になりました。
 上の子が幼稚園でした。
      ■         ■
 それから28年です。
 感慨深いものがあります。
 あの時に、
 まさか新幹線が函館に来るとは考えもしませんでした。
 上磯町(今の北斗市)というところに、
 潮干狩りに行きました。
 アサリを採った記憶があります。
 いい時代でした。
      ■         ■
 北海道新幹線が札幌まで来るのは2030年の予定です。
 新幹線のホームをどこに作るとか?
 札幌駅前の都市開発をどうするとか?
 札幌オリンピックを誘致するとか?
 たくさんの課題があります。
 私が2030年まで元気でいられるか?
 若干の不安はありますががんばります。
20160326 
880920

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ