医学講座

眼瞼下垂の再発予防と保湿

 手術後に目をこする
 2011年5月22日の院長日記です。
 私が眼瞼下垂症手術を受けてから、
 半年後の頃です。
 その院長日記に次のように書いてあります。
 ようやく落ち着いてきた
 …と感じています。
 それでも、
 まだ目はこすっていません
      ■         ■
 私は手術から半年しても、
 キズにヒルドイドローションを塗っていました
 そうすると、
 ピリピリ感が減りました。
 昔、北大形成外科では、
 やけどの後や、
 皮膚移植の後にも、
 よくヒルドイドを塗っていました。
 そうすると皮膚がしっとりとして、
 きれいに治ったからです。
      ■         ■
 人間は、
 無意識のうちに目をこすります
 眠い時…
 朝起きた時…
 目をこすることがあります。
 この目をこする動作が、
 目によくありません
      ■         ■
 私は手術から最初の2ヵ月くらいは、
 寝ている時に目に触らないように、
 アイマスクをしていました。
 腫れが取れてきても、
 まだキズは落ち着いていません。
 触ると…
 何となくぴりぴりします。
      ■         ■
 ぴりぴりするのは、
 キズが触らないでと言っている証拠だと、
 私はよく患者さんに説明します。
 何となく違和感があるのは、
 切って…
 縫った…
 …からです。
      ■         ■
 眼瞼下垂症や、
 二重埋没法で、
 一番、目に良くないのが、
 目をこすることです
 ラインが消える時という、
 2010年4月29日の院長日記に書いてあります。
 目をこすると、
 二重のラインが消えます
      ■         ■
 生まれつき二重の人でも、
 アトピー性皮膚炎などで、
 毎日まいにち目をこすっていると
 二重が三重になったり、
 目の上がくぼんできます。
 眼瞼下垂症になる人もいます
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術は、
 まぶたを切って
 眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉を調節して、
 丁寧に縫います。
 目をこすっていると…
 眼瞼下垂が再発することがあります。
 アレルギーの人は、
 花粉症の時期には、
 特に気をつけてください。
 目をこするとラインが消えます
      ■         ■
 第42回日本熱傷学会(浦安)②の特別講演で、
 お聞きした。
 かゆみを科学する
 順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科学名誉教授、
 順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所_所長
 高森建二先生
のお話しで、
 キズを保湿してかゆみを防ぐと、
 眼瞼下垂症の再発予防に役立つと思いました。
 手術後のキズにヒルドイドローションをおすすめします。
 エビデンスはありませんが、
 肥厚性瘢痕の予防に適応症があります。

20140821

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ