医学講座

包茎手術でトラブル続発_高額施術・大量出血・壊死…

 平成28年6月24日、朝日新聞朝刊の記事です。
 包茎手術でトラブル続発_高額施術・大量出血・壊死…
 国民生活センターは2016年6月23日、包茎手術について、不安をあおられ高額な施術を強引に勧められたり、手術後に痛みが続いたりするなどの相談が相次いでいると注意を呼びかけた。
 全国の消費生活センターなどが受けた包茎手術に関する相談は2011年度から15年度の5年間で1092件あり、10~30代からの相談が大半を占める。
 相談内容として、広告で手術費用が5万~10万円と掲載されていたのに、病院で「安い手術だと汚い仕上がりになる」などと説明され、50万~100万円以上の高額な施術を勧められ、その日のうちに契約し、手術してしまった、といった例が目立つという。
 手術によって痛みや腫れのほか、大量に出血したり、組織が壊死(えし)したりしたという術後をめぐる相談もあった。センターは過去に手術を受けた150人にもアンケートし、約4割が施術後に何らかの不安や不満、不具合を感じていると回答した。
 センターは「医学上緊急性がない場合には即日施術は避けるべき」と強調。さらに、国の指針に反して広告で安さを前面に出したり、術前術後の写真を掲載したりする医療機関を選ばないよう勧めている。
 また、「悩んでいる時は泌尿器科か形成外科の診察を受け、医者がきちんと説明してくれたか、内容や金額に納得できたか、検討したうえで手術日を予約しましょう」との医師のコメントを紹介し、注意を促している。詳しい内容は、センターの公表資料(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20160623_2.pdf)に掲載している。
 東京に本拠を置く医療問題弁護団の有志は2016年6月26日午前10時~午後3時、包茎手術被害の電話相談(03-6869-8452)を無料で受け付ける。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 正直に懺悔ざんげします。
 私も前任のクリニックでは、
 高額な手術をしていました。
 包茎手術
 2007年1月16日の院長日記に書いてあります。
 自由診療の包茎手術が高い理由は、
 高い広告宣伝費です
      ■         ■
 スポーツ新聞のアダルト記事の下や、
 週刊誌の、
 アダルト記事の横に、
 よく
 包茎専門クリニックの宣伝が出ています
 宣伝に出ている
 5万円とか
 6万円とかではできません。
      ■         ■
 間違いだらけの包茎手術選び
 2015年3月9日の院長日記です。
 ネットで、
 包茎手術
 包茎手術+札幌
 包茎+札幌
 …と検索すると、
 たくさんのサイトがヒットします。
      ■         ■
 残念なことですが、
 私なら絶対に行かないクリニックばかりヒットします。
 失敗しないクリニック選びとか書いてあります。
 そこに書かれているクリニックに行くと、
 まず100%失敗します。
 HPに書かれている料金より高く取られます。
 ネットの医療情報、過信するな以上に要注意です。
      ■         ■
 高いクリニックへ誘導する、
 明らかな広告サイトです。
 泌尿器科で手術をしたけれど、
 仕上がりが不満なので再度、
 包茎専門クリニックで手術をやり直すというケースも多いです。

 …と書かれていますが、
 そんなことはありません。
      ■         ■
 包茎専門クリニックの多くは、
 常勤医がいません。
 手術の時だけアルバイト医を雇うとか、
 東京から日帰りで来て手術をして、
 手術が終わったらそのまま帰ります。
 抜糸がないと楽に思えますが、
 何かあっても対応してもらえません。
      ■         ■
 広告サイトに書かれている病院へ、
 平日行ってみるといいです。
 重い扉が閉まっていて、
 中には誰もいません。
 電話は東京などで一括して受電しています。
 泌尿器科で手術をしたけど不満うそです。
 泌尿器科の先生も上手です。
      ■         ■
 医師向けの求人広告で、
 包茎専門クリニックのアルバイト情報を見ることがあります。
 知り合いの泌尿器科医は、
 包茎専門クリニックの料金の高さに驚いていました。
 包茎手術の価格
 2008年1月7日の院長日記を読んでください。
 スポーツ新聞には包茎手術の広告が掲載されています。
 包茎手術○万円~
 ※軽微な仮性包茎に限ると小さな字で書かれています
 この○万円~の『~』が問題です。

 ネット検索にはくれぐれも注意してください
      ■         ■
 包茎を治したかったら、
 包茎専門クリニックではなく、
 泌尿器科のクリニックに行ってください。
 泌尿器科の先生は上手です。
 週刊誌や、
 スポーツ新聞に、
 よく宣伝を出してている男性だけのクリニックは止めてください。
 トラブルになっても、
 地元に先生がいないクリニックがたくさんあります。 
20160625

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ