医学講座

建物の耐震性能より地盤が問題では?

 2018年9月6日の北海道胆振東部地震いぶりとうぶ地震
 私は建物明渡訴訟のおかげで、
 他の人より耐震性能とか、
 建物の構造に強くなりました。
 今回の地震で札幌はかなり揺れました。
 気象庁地震火山部の発表
 …では札幌市内の最高は震度6弱
 私が住んでいる地域でも震度5強でした。
      ■         ■
 私の家の近くにはかなり古い建物があります。
 明らかに耐震性能が悪そうな建物もあります。
 建物が壊れて赤い紙を貼られた家は、
 私の家の近くやクリニックの近くには一軒もありません。
 壊れた家もなく、
 ビルの外壁が壊れたところもありません。
 前日の台風の風のほうがよほど被害がありました。
      ■         ■
 いつものエビデンスがない本間仮説です。
 私は地震で建物が壊れるのは、
 建物の構造や耐震性能より、
 地盤が問題だと思います。
 高速道路が壊れた阪神淡路大震災はわかりませんが、
 よほど強い地震がきても、
 地盤がしっかりしていて、
 津波や洪水が来ないところは大丈夫だと思います。
      ■         ■
 これから大地震が来るかもしれない地域の方は、
 古い地図や地形をよく調べて、
 地盤を心配するのが建物の耐震性能より先だと、
 (私は)思っています。
 どんなに古いお寺や神社でも、
 しっかりした地盤に建っているところは壊れていません。
 埋立地に建てられた建物や、
 過去に液状化を起こした地域が、
 大きな地震で危ないと思います。
 地震を体験した私のひとりごとです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ