医学講座

形成外科の手術室

 昨日の院長日記、
 無影灯の点検をしていただきましたに、
 えりーさんから、
 コメントをいただきました
 どこの手術室にも必ず無影灯があるのでしょうか?
 厚生労働省が定めた基準があります。
      ■         ■
 手術室の施設基準等
・なるべく準備室を附設し,じんあいの入らないようにして,手術室の内壁全部を不浸透質のもので覆われていること
・適当な暖房及び照明の設備
・清潔な手洗いの設備を附属して設置

 この中の清潔な手洗いの設備
 …というところが変わりましたが、
 医療法昭和23年法律第205号)
 病院の構造設備基準に関する関係法令

 …という規定があります。
      ■         ■
 最近の病院にはさまざまな手術室があります。
 私の経験では、
 整形外科で人工関節の手術をする手術室が、
 一番最新の手術室だと思います。
 大きな病院でも、
 形成外科の手術室は、
 あまりいいところがあたりません。
 無影灯への思い
 2018年1月20日の院長日記に書きました。
      ■         ■
 500床程度の病院で、
 10以上の手術室があるのがふつうです。
 中央手術部には、
 大小さまざまな手術室があります。
 大きな手術室は、
 だいたい腹部外科や胸部外科など、
 メジャーと呼ばれている診療科が使います。
 形成外科はマイナーです。
      ■         ■
 一年間の手術件数で数えると
 小さな手術が多いこともあり、
 形成外科はトップクラスになることもあります。
 悲しいことに、
 後発組で、
 マイナーの形成外科が使う手術室は、 
 一番奥の小さな手術室が多かったです。
 ついている無影灯も、
 形成外科が使う部屋は、
 古い無影灯か小さな無影灯でした。
      ■         ■
 形成外科は、
 頭から足まで、
 からだじゅうを手術します。
 皮弁採取部と、
 皮弁移植部のように、
 2箇所で同時に手術をすることもあります。
 はっきり言って、
 満足な無影灯はありませんでした。
      ■         ■
 助手が皮弁採取部を縫合する時の無影灯は、
 小さな無影灯でした。
 助手は先輩より下手なのに、
 満足な明かりもなくて、
 苦労して皮弁採取部を縫合した思い出もあります
 明るくて、
 大きな無影灯
は私のでした。

      ■         ■
 大きな病院で手術室を使える曜日は、
 科ごとに決まっています。
 形成外科が使える日は、
 多くても週に3日。
 少ないと週に2日程度です。
 ですから、
 通院で行う形成外科の手術は、
 外来の横にある、
 処置室
 …で行うこともあります。
      ■         ■
 先日、札幌美容形成外科で手術を受けてくださった看護師さんが、
 前に皮膚科で手術を受けた時とは、
 まったく違う手術室でした
 …と感想を述べてくれました。
 幸いなことに、
 キズも目立たず、
 とても満足してくださいました。
 私の手術室へのこだわりは、
 自分の手術へのこだわりでもあります。
 いい手術室でいい手術をします。
 64歳でも元気で働いています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ