医学講座

第134回日本美容外科学会学術集会(東京)②

 今日は2019年2月3日(日)です。
 昨日は東京へ日帰りでした。
 ひやひやものでしたが、
 無事に往復できました。
 北海道の一部では、
 雪のために欠航があったようです。
      ■         ■
 昨日の日本美容外科学会で印象に残ったことです
 教育講演1
 性同一性障害(GID)の外科治療について
 ~GIDの基礎から乳房切除、性別適合手術、顔面女性化手術まで
 百澤 明
 山梨大学医学部附属病院 形成外科

 百澤 明ももさわ あきら先生は、
 山梨大学医学部附属病院形成外科の准教授です。
      ■         ■
 美容外科手術にも精通した、
 優秀な形成外科医で美容外科医です。
 東大形成外科で研鑽され、
 2007年に埼玉医科大学総合医療センターに移られました。
 埼玉医科大学総合医療センターでは、
 前任の原科孝雄はらしなたかお教授が、
 精神神経科の山内俊雄教授と、
 性同一性障害の患者さんの治療をしていました。
      ■         ■ 
 原科先生が退職された後に赴任されたのがきっかけで、
 百澤先生がGID患者さんの治療をなさるようになったそうです。
 2012年に山梨大学医学部附属病院形成外科の准教授に就任されました。
 百澤先生から、
 性同一性障害(GID)の外科治療について、
 たくさんのことを教えていただきました。
 ほんとうに大変なお仕事です。
 医学上の問題だけではなく、
 法律上の問題もたくさんあります。
      ■         ■
 百澤先生のお話しで、
 われわれ形成外科医が外科手術を行う際に、
 知らなければならない知識が増えました。
 日本の性同一性障害の外科治療は、
 2018年4月から保険適応になったものもあります。
 残念なことに、
 限られた施設で、
 限られた先生しかできません。
      ■         ■
 日本で手術を受けるのが大変のなので、
 海外で手術を受ける患者さんもたくさんいます。
 手術後に重篤な合併症が起きて、
 困っている患者さんもいるそうです。
 手術を手がける医師も限られていて、
 後継者問題まであるとお聞きしました。
 限られた施設でしか手術ができないのでは、
 後継者となる形成外科医も育たないと思いました。
 ほんとうに大変なことです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ