医学講座

造腟術後の合併症

 第134回日本美容外科学会学術集会(東京)
 …で私が聞いた内容で、
 忘れないうちに書き残しておこう!
 …と強く思ったのが、
 造腟術後の合併症です。
 私自身が造腟術を行うことはありませんが、
 ふつうのお医者さんが、
 造腟術後の合併症を診ることは考えられます。
      ■         ■
 実は性同一性障害(GID)の患者さんだけではなく、
 ふつうの女の子として生まれた方で、
 先天性に腟がない患者さんがいます。
 文献によると、
 女性4,000~5,000人に1 人の頻度で発生する、
 Rokitanskyロキタンスキー症候群
 …という病気があります。
 思春期になっても生理が来ない、
 原発性無月経の約10%を占めると言われています。
      ■         ■
 私の2012年10月4日の院長日記、
 第21回日本形成外科学会基礎学術集会(福島)①
 …に書いてあります。
 今日の学会では、
 ガイドラインシンポジウム1
 「殿部外陰部の再建」を聴きました。
 大学病院の形成外科では…
 他科からの依頼で再建手術をすることがあります。
 私は札幌医大形成外科の時に、
 よく婦人科の先生から依頼を受けていました。
      ■         ■
 一番難しかったのが、
 造腟術という腟を作る手術です。
 ロキタンスキー(Rokitansky)症候群という病気があります。
 4,000人から5,000人に一人の割合で、
 女の子に発見される病気です。
 一番多いのは、
 思春期になったのに生理が来ないという症状です。
      ■         ■
 専門的な言葉で、
 原発性無月経(げんぱつせいむげっけい)といいます。
 婦人科で検査してみると…
 外見は女性で、
 染色体も46XX と正常女性なのに…
 腟がありません。
 子宮もないことがあります。
      ■         ■
 私が婦人科の先生と診察した患者さんは、
 外見はまったくふつうの女の子でした。
 子宮がなくても…
 性交だけはできるように…
 造腟術を行います。
 形成外科では古くからある手術です。
 癌の患者さんに手術をしたこともあります。
      ■         ■
 この造腟術、
 難しい手術です。
 作った腟が小さくなってしまうことがあります。
 今回のガイドラインシンポジウムでは、
 岡山大学形成外科の難波祐三郎先生が、
 『腟の機能的再建には腸管が有効である』
 …というエビデンスを教えてくださいました。
      ■         ■
 腟を作るのに…
 回腸という腸管を使う方法です。
 私は経験がありませんが、
 10年以上前から、
 腸管を使うと…
 機能的にも満足度が高い腟再建ができると…
 聞いていました。
      ■         ■
 女性にとって…
 機能的にも満足度が高く、
 パートナーの男性の満足度も高いという結果です。
 私自身は手術をすることはありませんが、
 これからの時代の第一選択は、
 腟再建には回腸移植となります。
 日本形成外科学会としてのガイドラインはまだですが、
 腟欠損で困っている方へ朗報です。

      ■         ■
 2012年10月のガイドラインシンポジウムでは、
 回腸という腸管を使う方法が有用だと教えていただきました。
 腸管を使う方法の他に、
 皮膚を使う方法があります。
 YouTubeに動画が出ています
 この動画では、
 陰茎の皮膚を使って腟を造っています。
 男性から女性にする手術法の一つです。
 よく知られた方法の一つです。
      ■         ■
 皮膚を使って腟を造ると、
 手術後に腟内腔に角質がたまります。
 皮膚から出る垢です。
 女性の腟内腔は粘膜なので、
 垢は出ません。
 私が診察をしたことがある患者さんは、
 造った腟内腔に、
 毛と垢がたまっていて、
 信じられないにおいを放っていました。
      ■         ■
 皮膚で造った腟内腔は、 
 拡張器を入れておかないと、
 狭くなってしまいます。
 お手入れが大変です。
 使わないで放置すると、
 入口が閉じてしまって、
 造った腟内腔に角質が腫瘍のようにたまることがあります。
 感染を起こして腹腔内に拡大することがあるそうです。
      ■         ■
 救急搬送された患者さんを診察した医師は、
 まさか腟を造った後遺障害で、
 後腹膜に大量の膿がたまるとは考えません。
 私も百澤先生から教えていただくまで、
 考えてもみませんでした。
 皮膚で造腟術を受けた患者さんは、
 定期的に診察を受けて、
 異常がないか診てもらってください。
 救急搬送されてからでは遅いです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ