医学講座

簿記とITに強くなる

 医療法人札幌美容形成外科は12月決算です。
 毎年2月が申告と納税の時期です。
 開業してからつくづく思うことです。
 商業簿記が、
 医学部の入試科目にあって、
 高校や予備校で教えるといいです。
 社会に出てから役に立ちます。
      ■         ■
 はっきり言って、
 医学部の受験科目で役立つのは、
 英語と、
 生物と、
 化学くらいです。
 最難関の数学は役立ちません。
 確認するという作業が役立つくらいです。
      ■         ■ 
 もう少し言わせてください。
 納税の義務は、
 日本国憲法で定められた国民の義務です。
 この納税をきちんとすることが、
 とても難しいです。
 会計事務所にもいろいろあります。
 私もアトラス総合事務所にお願いするまで、
 実に大変でした。
      ■         ■
 私はアトラス総合事務所から送られてくる
 親切丁寧な、
 赤ペン先生のファイルのおかげで、
 弥生会計という会計ソフトを使えるようになりました。
 毎月いらしてくださる会計事務所より、
 ネットで間違いを指摘してくださる、
 アトラス会計事務所方式が役立ちます。
 簿記ど素人だった私が、
 弥生会計を使えるようになりました。
      ■         ■
 今は便利な世の中です。
 国税庁HPからする確定申告は、
 格段に進歩しました。
 会計ソフトがなくても、
 個人の申告なら、
 国税庁HPからできます。
 これからの時代は、
 簿記とITに強くなることが大切です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ