医学講座

先天性無眼球症

 暖かい大阪から寒い札幌に帰ってきました。
 パンジーが咲いているどころか土も芝生の雪の下です。
 あと2ヵ月はかかりそうです。
 第30回日本眼瞼義眼床手術学会(大阪)で勉強したことです。
 とても有意義な学会でした。
 学会長の大阪回生病院眼科、
 今川幸宏先生に感謝しています。
 私が感動したのは、
 義眼師さんの発表です。
 義眼を作ってくだる技師さんです。
 毎回、この学会で発表されています。
      ■         ■
 特殊な義眼の形状を呈するに至った先天性片無眼球症の1例
 光安哲人1、光安佐織1、大慈弥裕之2
 1有限会社アツザワプロテーゼ九州、2福岡大学病院形成外科

 先天性無眼球症という病気があります。
 生まれつき眼球がない赤ちゃんがいます。
 片眼だけない赤ちゃんも、
 両眼ともない赤ちゃんもいます。
      ■         ■
 眼球がないので、
 義眼を入れます。
 たとえ見えなくても眼球のように(他人から)見えます。
 ところが、
 生まれつき眼球がないので、
 義眼を入れるスペースがありません。
 眼球がなくても、
 上手な義眼が入ると、
 見た目は改善します。
      ■         ■
 赤ちゃんに目がないときは、
 生まれてからできるだけ早く
 眼球の代わりになるものを装着して、
 眼窩骨が発育するようにします
 この時に役立つのが拡張器です。
 市販の拡張器はないので、
 オーダーメイドで作ることになります。
 活躍するのが義眼師さんです。
      ■         ■
 アツザワプロテーゼ九州の、
 光安哲人さんはプロフェッショナルです。
 患者さんのご両親と協力して、
 拡張器(ブジー)を制作されました。
 私が市立札幌病院に勤務していた頃に、
 無眼球症の患者さんから相談を受けたことがありました。
 残念なことに、
 当時はいい解決法が見つけられませんでした。
      ■         ■
 先天性無眼球症の患者さんでも、
 上手に義眼を入れるスペースをつくって、
 上手に作っていただいた義眼を入れると、
 見た目は大きく変わります。
 アツザワプロテーゼ九州の、
 光安哲人さんがつくられた、
 拡張器(ブジー)と義眼のおかげで、
 すばらしい目ができていました。
 感激しました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ