わきが

令和時代のわきが治療

 今日は令和元年5月1日です。
 日本の新しい時代のはじまりです。
 令和時代のわきが治療を考えてみました。
 平成時代に進歩したのが、
 レーザー脱毛です。
      ■         ■
 脱毛を夢のように変えたのが、
 平成9年(1997年)に、
 輸入された医療用脱毛レーザーです。
 株式会社ジェイメックの創業者で、
 初代社長の故森下純一さんと、
 現社長の西村浩之さんが、
 三井物産と米国から輸入されました。
      ■         ■
 (平成9年)1997年2月2日に、
 東京都渋谷区千駄ヶ谷の津田ホールで
 札幌スキンケアクリニックの松本敏明先生が
 日本医学脱毛学会を開催されました。
 この時に、
 米国製のレーザー脱毛機をはじめて見ました。
 先生、これすごい機械
 …という森下社長のお言葉通りでした。
 最初の機器は大人気で、
 納期半年待ちでした。
 私の左腕と、
 左すねに照射しました。
 今でも毛が生えていません。
      ■         ■
 当時のレーザー脱毛器はとても高価でした。
 一ドル130円以上だったと記憶しています。
 日本に輸入すると、
 一台3,000万円以上しました。
 札幌で一番早く導入されたのが、
 皮膚科の山家英子先生でした。
 武藤靖夫先生(札幌中央形成外科)が、
 札幌で2番目でした。
      ■         ■
 今では、
 レーザー脱毛があたりまえですが、
 当時は、形成外科の偉い先生から…
 レーザーで毛が抜けるわけがない!
 絶対にまた生えると言われました。
 その後、
 レーザー脱毛機も進歩しました。
 札幌美容形成外科で使っているのは、
 冷却ガスが出るタイプのGentle Lase(キャンデラ社製)
 という機種です。

      ■         ■
 私が開業を考えたのが、
 JA帯広厚生病院の時です。
 きっかけは帯広の美容外科で、
 わきが手術を受けた患者さんでした。
 高いお金を払ったのに、
 においも、
 ローンも残っていました。
 私がJA帯広厚生病院形成外科で再手術をしました。
 そのことを帯広市医師会の広報誌に書きました
      ■         ■
 10年後のわきが治療は、
 手術をしなくても治るようになるといいなぁ~
 …というのが私の夢です。
 昨年から試みた、
 新しいわきが治療法2018の結果を、
 2019年5月16日に行われる、
 日本形成外科学会で発表します。
 私の夢の実現へ向けての第一歩です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ