医学講座

生きがい

 今日は2021年1月18日(月)です。
 札幌は寒いです。
 新型コロナの感染者数が増えています。
 海外からは、
 東京オリンピックは無理だという報道が流れています。
 あまりいい話しはありません。
 ちょっといい記事を見つけました。
      ■         ■
 2021年1月18日、北海道新聞朝刊、いずみへの投稿です。
 生きがい
 昨年の今頃は、夫の一周忌のことを考えながらぼんやり暮らしていた。それが今は、76歳の私が家の近くにある高齢者住宅で、食堂スタッフとして朝2時間だけだが働いている。
 道新の折り込みチラシを見て、年齢不問だからと思い切って電話をしたら、何と面接が受けられ、お元気そうだからと採用になった。友人は私が家にこもることを心配してくれた。私もこのままではダメだ、何がしなければと思っていたので、働く決心は早がった。
 5階建ての施設に食堂は4ヵ所。案内していただいたが、廊下は長く歩くのはしんどい。足の衰えを痛感した。仕事はひとつの食堂20人分の朝食を配膳、下膳する、空き時間で手すりの消毒、ゴミの始末をすること。慣れるまでは緊張してお茶、牛乳などをこぼしたこともあった。要領の悪さに情けない思いもした。
 しかし入所者の方たちとのふれあいは楽しい。年齢が近いこともあって随分励まされた。子供や孫ほどの年齢差のある介護スタッフの方たちに助けられ、何とか9ヵ月が過ぎた。今の私は、仕事が生きがいになっている。仕事の帰り道、足を引きずりながら「お父さん、今日も無事終わったよ」と天国の夫に話し、心は達成感で充実している。
 2月に77歳の喜寿を迎える。「無理しないで」と子供や友人は気遣ってくれる。確かに膝や腰が痛く不安だが体が続く限り仕事を続けたいと心は叫んでいる。
 須貝美津子(77歳・パート)=札幌市豊平区
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 66歳の私にはありがたい投稿です。
 もうトシなので、
 やめようかな?
 …と思うこともあります。
 まだ役に立つ間は、
 無理しないで働こうと思います。
 須貝美津子様の投稿に感謝いたします。
 元気で働きましょう。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ