医学講座

第3回国際乳房オンコプラスティックサージャリーシンポジウム

 長い名前の学会です。
 第3回
 国際
 乳房オンコプラスティックサージャリー
 シンポジウム
 私の友人である、
 ナグモクリニックの
 南雲吉則先生が副会長です。
      ■         ■
 今日と明日の2日間、
 東京のお台場、
 ホテル日航東京で開催されます。
 乳房オンコプラスティックサージャリーとは…
 乳がんを…
 形成外科的な再建技術を使って…
 きれいに治す…
 …という意味だと考えます。
 今日、半日だけ参加して来ました。
      ■         ■
 私自身は、
 皮膚癌の手術はたくさんしましたが、
 乳癌の手術はお手伝いをした程度です。
 札幌には、
 札幌医大第一外科出身の、
 浅石和昭先生がつくられた、
 おっぱいクリニックがあります。
 札幌ことに乳腺クリニック(浅石和昭先生)
 札幌乳腺外科クリニック(岡崎稔先生)
 新札幌乳腺クリニック(岡崎裕先生)、
 3つの乳線クリニックで、
 とてもきれいな手術をなさっています。
      ■         ■
 形成外科では、
 北海道大学形成外科の、
 山本有平(やまもとゆうへい)教授が、
 乳房再建を積極的になさっています。
 私は、
 乳癌治療はしません。
 陥没乳頭や
 乳頭縮小などの手術をしています。
      ■         ■
 今日の学会に参加して感じたこと。
 乳がん治療は、
 切って治すだけではない。
 英国のMichael Dixon先生が
 見せてくださった患者さん。
 私の経験では、
 余命3ヵ月?
 と思うほどの乳癌が、
 新しいneoadjuvant 内分泌療法で…
 みごとに治っていました。
      ■         ■
 私は乳癌治療の専門家ではなく、
 癌の治療については素人です。
 南雲先生の学会に参加して、
 乳癌治療の認識を新たにしました。
 一日しか参加できませんでしたが、
 私も南雲先生のように、
 錆びない生き方をしたいと思います。

“第3回国際乳房オンコプラスティックサージャリーシンポジウム”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    お疲れ様です。
    私も錆びない生き方をしたいと思っていますが、身体が錆びると気持ちまで錆びるので まずは挨拶から しゃきっと!

  2. まみ子 より:

    そうですか・・・やはり学会に参加すると新しい知識・新しい治療法などを知る事ができますね。勉強になります。

  3. 恵理 より:

    先生、この間はそらちゃんの写真をまた載せてくれてありがとうございます(*^▽^*)
    やっぱりすごく可愛いです。
    そらちゃんの写真は保存してます♪

    南雲先生を初めてテレビで見たときは衝撃的でした。

    あまりの若さに呆然としました(笑)
    なぜなら南雲先生は私のお母さんと同学年で今、55歳か56歳です(てことは本間先生とも同学年でしょうか)
    なのに、シワがない。
    顔がツヤツヤ。
    とにかく若い。(むしろ幼いとも感じました笑)

    日頃の生活の努力の賜物ですよね。
    もし南雲先生が何か美容外科の施術のおかげであの若さを維持しているのならとても自然ですごい技術だとまで思いました。

  4. さくらんぼ より:

    恵理さんのCommentが気になり南雲先生の写真拝見しました。
    え?! まさか 私の息子くらいにしか見えませんが、、びっくり 一日夕食しか食べないし肉はたべない。紫外線にはあたらない。 なかなか真似できませんが、54歳? 27歳にしか見えませんが、、、

  5. らずべりぃー より:

    先生、シンポジウムお疲れ様でした。南雲先生はバストでは有名ですね。女性のバストについて美容面と癌罹患により、外科的摘出術後の形成的再建などに分かれますが、女性の象徴を異性の立場で治療するのには最初戸惑いもあったのではないかと思います。男性だからこそ女性を知ろう頑張ろうとなれるのかなって感じました。医療が発展することを願ってます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ