医学講座

医師を目指す若い人へ

 医師とストレス
 …という2007年9月15日の院長日記に書きました。
 自分で言うのも変ですが、
 医師はストレスの多い仕事です。
 私はお腹が弱いので…
 すぐにストレスでお腹が痛くなります。
      ■         ■
 どんなに医学が進歩しても、
 治せる病気はほんの一部で、
 医学はその病気と…
 いかに上手に付き合うかを指南するだけです。
 お医者さんは偉いんだぞぉ~
 なんて思うと大間違い
 治せない病気はたくさんあります。
      ■         ■
 旅立ち日和
 …という2009年6月30日の院長日記は、
 tetsuko様
 からいただいたコメントを元に書きました。
 形成外科とか、
 整形外科を選ぶ先生には、
 患者さんの死と、
 対面するのが苦手なので、
 その科目を選ぶ人もいます。
 いつかは対面しなければならない死は、
 医療者側にとっても辛いものです。
      ■         ■
 私も間違いなくその一人です。
 20年以上も前に亡くなった患者さんの声を覚えています。
 コーラスが得意な、
 明るく素敵なお嬢さんでした。
 残念なことに…
 その方を助けてあげられませんでした。
      ■         ■
 これから医師を目指す若い人には、
 医学の勉強だけではなく、
 ぜひ、いろいろな本を読んでいただきたいです。
 英語も勉強していただきたいです。
 私は英語の本は専門書しか読めませんが、
 塩谷先生のように原書で…
 海外の文学作品を読めると最高です。
      ■         ■
 本が無理なら…
 映画を見たり…
 医学以外のことに目を向けていただきたいです。
 私も偉そうなことは言えませんが、
 若い頃には今より本を読みました。
 源氏物語は無理ですが…
 渡辺淳一先生の…
 初期の医学系の作品は浪人時代に読みました。
      ■         ■
 家内とはじめて会った時に、
 どんな本を読んでいるかという話しになりました。
 リラ冷えの街
 雪舞
 …という小説の話しをしました。
 小説のモデルとなった病院のことを話しました。
 家内は覚えていないと思いますが… 
 本を読むことで、
 受験勉強では得られなかった…
 いろいろなことを知ることができます。

“医師を目指す若い人へ”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    私の次男は5年間病院で介護福祉士をしてから昨年 看護学校に入りました。今一年次の実習を終えましたが 5年の病院勤務では患者さんの死に何度も対面し、処置の手伝いもしたので、その経験がいかされています。姪の死と私の病気、本間先生の励ましで頑張れたのだとおもいます。まみ子師長さんのような看護師になって欲しいと思っています。

  2. なっちゅん より:

    渡辺淳一さんの初期の作品は私も読破しています。
    殆ど事実というので驚きました。
    壮絶な内容の作品もありましたので…

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ