医学講座

会陰切開のきず⑦

 会陰切開の最後、
 縫合する糸についてです。
 とける糸で通院不要
 …という2009年12月21日の院長日記があります。
 女性の小陰唇縮小手術
 男性の包茎手術
 とける糸で縫いますから…
 通院は不要です。
 抜糸の手間も要りません。
 …と魅力的な言葉で宣伝している美容外科があります。
      ■         ■
 私はたとえ陰部でも、
 美容目的の手術で溶ける糸は推奨しません
 だまされないでください
 溶ける糸なんてうそです
 吸収糸と呼ばれる糸があります。
 バイクリルという商品名で売られている、
 米国製の糸が一番有名です。
 専門用語でとける糸は…
 吸収糸(きゅうしゅうし)と呼びます。
 とけるのではなく、
 分解されて吸収されるだけです。
      ■         ■
 しかも…
 分解されて吸収されるまでには…
 一ヶ月以上かかります
 分解される…
 ということは、
 自分の身体が糸を異物と認識するからです。
 当然、糸がついている部位では、
 炎症が起こり…
 キズは赤く硬くなります。
 つまりキズは目立ちます。
      ■         ■
 形成外科でも、
 吸収糸(とける糸)を使います。
 口の中などの粘膜。
 鼻の奥で抜糸が難しい部位。
 あとは身体の中の腸管粘膜など…
 力がかからない部位に使います。
 少しでもキズを残したくない部位…
 顔や瞼などには、
 とける糸
 絶対に使いません
      ■         ■
 それじゃぁ先生
 お産の時に
 とける糸で縫う産科は
 悪い病院なの?
 みんな傷が目立つの?
 …とご心配になると思います。
      ■         ■
 溶ける糸で会陰切開を縫合するのは○です
 正しい選択です
 安心してください
 問題なのは、
 糸が残っていて、
 痛い場合です。
 傷の状態を見て、
 溶ける糸でも抜糸します
      ■         ■
 溶ける糸で縫っても、
 お産から2週間もすれば、
 抜糸しても大丈夫です。
 一ヵ月たっても糸がついていて、
 その糸が食い込んで痛ければ、
 抜糸すると楽になります。
 問題なのは抜糸です
      ■         ■
 昨日の院長日記に書いたように
 深く食い込んだ糸を、
 痛くないように抜糸するには、
 先が細いはさみやピンセットが必要です。
 形成外科が得意とする分野です。
 産婦人科外来には、
 先が細いはさみやピンセットが、
 ないところもあります。
 強く引っ張らずに、
 そっと抜糸するのがコツです。
 とける糸でも、
 一ヵ月たって糸が残っている時は、
 先生にお願いして抜糸をしていただいてください。

“会陰切開のきず⑦”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    溶ける糸も使われているんですね。
    顔にはやはりつかわないんですか。
    先生の日記で救われる人、多いでしょうね。

  2. さくらんぼ より:

    先日ラジオを聴いていたら 近年美容整形のトラブル相談が増えていて、初診で今日だけ安くしますのでとすぐ手術しあげくのはて 請求が高かったとかで 気をつけましょうと言ってました。 先生のブログのお陰で安心してお産ができますね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ