医学講座

顔面神経マヒと朝戸裕貴先生

 聴神経腫瘍ちょうしんけいしゅようは、
 頭の中にできる腫瘍です。
 手術をすると、
 顔面神経麻痺になることがあります。
 聴神経腫瘍ちょうしんけいしゅようの手術は耳鼻科でします。
 顔面神経再建を耳鼻科から依頼されたことがありました。
      ■         ■
 顔面神経再建の思い出
 2011年9月14日の院長日記です。
 忘れられない患者さんです。
 先生、
 私の顔、
 ちゃんと動くようになるのですか?

 手術は完璧にしましたが、
 100%動くようになると言うことはできませんでした。
      ■         ■
 この2011年9月14日の院長日記を、
 ある患者さんが読んでくださいました。
 私の院長日記がきっかけとなり、
 獨協医科大学形成外科教授の
 朝戸裕貴先生に診ていただきました。
 その方から、
 御礼のメールをいただきました。
      ■         ■
 教授という偉い立場の方なので、、、
 と心配していたのですが、
 とても優しい笑顔で
 包み込むような雰囲気でお話をされる方でした。
 本間先生のブログで記述がなかったら、
 知る由もなく受診を考える事もありませんでした。
 先生のブログに本当に感謝しています。
 ありがとうございます。

      ■         ■
 お役に立ててよかったです。
 2011年9月14日の院長日記を、
 もう一度掲載します。
 私は札幌医大形成外科の講師を、
 平成10年(1998年)から14年(2002年)までの4年間勤めました。
 最後は、
 医学部長から…
 泥足で蹴られて追い出されました
 仲間だと思っていた同僚にも…
 見事に裏切られました
      ■         ■
 残念な4年間でしたが…
 医師として貴重な経験もできた4年間でした。
 一番の想い出は、
 耳鼻科の先生とたくさんの再建手術ができたことです。
 英文論文にした…
 チンの皮で気管を作る
 …という手術もあります。
      ■         ■
 耳鼻科というと…
 耳、鼻、のどを診るお医者さんのイメージがあります。
 優しい先生が多く…
 額帯鏡(がくたいきょう)という…
 大きな丸い鏡をつけて、
 その真ん中から…
 耳や鼻やのどを診てくれるイメージです。
 今は高性能のカメラで見てくださるクリニックもあります。
      ■         ■
 耳は、
 頭蓋骨とつながっています。
 耳鼻科医は脳の一部も診たり、
 頭蓋骨の中も手術をします。
 私が頼まれたのは…
 頭蓋内の顔面神経が…
 腫瘍に巻き込まれていて…
 切除しなければならないので…
 そこに神経移植をしてほしいという内容でした。
      ■         ■
 患者さんは…
 まだ若い女性でした。
 顔面神経の根っこを…
 数センチ切断してしまう手術です。
 手術前には正常だった顔が、
 手術後には片側がまったく動かなくなります
 神経を切断しなければ…
 腫瘍は切除できません。
 待ったなしです。
      ■         ■
 神経移植はそれまでにも経験がありましたが、
 頭蓋内の移植ははじめてでした。
 神経をつなぐ技術には自信がありましたが…
 果たして正常に機能するか?わかりません。
 患者さんへの説明は、
 切断された神経の断端に、
 他の神経を移植します。
 数ヶ月~1年で回復する見込みです。
 …という内容でした。
      ■         ■
 手術は無事に終わりました。
 頭蓋内への移植ははじめてでしたが…
 神経そのものは正確につなげました。
 他の神経を橋渡ししました。
 問題は、
 その神経を移植した場所です。
 骨の真上でした。
 血流の悪い場所でした。
 皮膚や粘膜だったら移植しても着きません。
      ■         ■
 術後2ヵ月しても…
 麻痺した側の顔の表情は…
 まったく動きませんでした。
 先生、ほんとうに動くようになるのですか…?
 もし動かないなら…
 早めに他の方法で治した方がいい…
 …と言う先生もいらっしゃるようです
      ■         ■
 患者さんの不安はもっともです。
 当時、東大病院形成外科では…
 顔面神経麻痺の再建を盛んになさっていました。
 患者さんのご希望で…
 当時、東大形成外科で助教授をなさっていらした、
 朝戸裕貴先生(現、獨協医科大学形成外科教授)にお願いして、
 セカンドオピニオンをいただきました。
      ■         ■
 私が紹介状を書いて…
 患者さんは東大病院まで行かれました。
 朝戸先生のセカンドオピニオンは、
 今すぐに再手術をしないで、
 もう少し神経の回復を待ってみましょうでした。
 私も患者さんも安心して待つことにしました。
      ■         ■
 東大から帰って数ヶ月後でした…
 先生うごいてきました
 患者さんの麻痺した顔面が…
 わずかに動き出しました。
 少しずつですが…
 麻痺していた顔面が動くようになりました。
 手術後一年もすると、
 日常生活で不自由することはなくなりました。
 神経移植は回復まで時間がかかります
 患者さんも医師も…
 じっと待つ長い時間が必要です。

“顔面神経マヒと朝戸裕貴先生”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    とても難しくて繊細な手術なんですね。 神経を繋ぐなんて凄い技術です。顔が動いてよかったですね。私も首の手術後 腕が挙がらなくなり一年は回復しないと言われましたが 短期間で神経に熱心な若い先生のアドバイスもあり短期間で挙げました。 このブログが役に立ちよかったですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。こんな院長日記でも役立つことがあってよかったです。長く続けられたのはさくらんぼさんのおかげです。感謝しています。

  2. なっちゅん より:

    患者さんの不安にセカンドオピニオンとは
    本間先生は本当にお優しいです。

    プライドが高い先生は
    他に紹介なんてしてくれません。

    神経移植は不安ですが
    辛抱強く待ちの姿勢が必要なんですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。たまたま東大の朝戸先生と親しかったので札幌医大から東大に紹介状を書きました。今回は私の院長日記を読んで朝戸先生のお名前を見つけられ受診されたそうです。朝戸先生は日本形成外科学会でも専門医制度についてご尽力され、とても優しくて腕のいい先生です。顔面神経麻痺になったらぜひ受診してほしい先生です。

  3. すみれ より:

    いろいろな分野の経験をされているのですね。10年ほど前同僚の奥さんが脳腫瘍の手術をする前日に執刀医が亡くなり手術が遅れたことを思い出しました。やはりそのかたも顔面神経麻痺を気にされていたようです。その後無事に退院されましたが
    本間さんも手術が成功し後遺症もなくてよかったですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。手術前日に執刀医が亡くなるというのははじめて聞きました。腸神経腫瘍手術後の顔面神経麻痺は片側の完全麻痺になるので大変です。神経移植はいい方法です。

  4. くくるん より:

    腫瘍が神経を巻き込んでの、切除の上での神経再建はかなり大変なものだと想像します。

    患者さんは事前に説明を聞いていたとしても、手術の後はやはり動かないことに対して、不安を持ってしまうのだと思いました。
    現在の状態によってはセカンドオピニオンを提案してくれる先生もいるのですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私は患者さんが不安だったら他院の医師でも東京の先生でも紹介状を書いて診てもらってくださいと言います。聴神経腫瘍切除後の神経移植はそれほど経験することがないので、顔面神経麻痺エキスパートの朝戸先生にお願いしました。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ