医学講座

第18回日本褥瘡学会北海道地方会

 今日は2019年2月23日(土)です。
 札幌は雪でした。
 札幌コンベンションセンターで、
 第18回日本褥瘡学会北海道地方会が開催されました。
 帯広から、
 まみ子師長さんも参加されていました。
 大勢の看護師さん、
 リハビリの先生(理学療法士さん)、
 …が参加されていました。
      ■         ■
 日本褥瘡学会にほんじょくそうがっかいは、
 私の恩師、大浦武彦先生がつくられた学会です。
 今日は、
 大浦武彦先生の特別講演がありました。
 褥瘡発生予測とリスクアセスメント
 ~オムツ交換、体位変換も大きな影響有り
 座長:髙橋誠 先生(日本褥瘡学会北海道地方会 代表世話人)
 演者:大浦武彦 先生(医療法人社団 廣仁会褥瘡・創傷治癒研究所 所長)

      ■         ■
 大浦武彦先生は、
 1931年5月11日(昭和6年5月11日)生まれです。
 今年5月11日で満88歳の米寿です
 現役の医師で、
 現役の研究者です。
 今日の講演もすばらしかったです。
 私が形成外科医になったのは、
 札幌医大6年生の時に、
 北大形成外科から特別講義にいらしてくださった、
 大浦武彦先生の講演を聞いたからです。
      ■         ■
 大浦先生の特別講演で、
 25年前に褥瘡学会を立ち上げる前の状況と、
 今の状況がいかに変わったかがわかりました。
 体圧分散マットレスの進歩や褥瘡ケアーの進歩がわかりました。
 大浦先生と代表世話人の髙橋誠先生、
 ユニチャームの共同研究によって、
 スキンコンディションという新製品ができたことがわかりました。
 自分が褥瘡になった時には、
 ぜひ新製品を使いたいと思いました。
 私は米寿まで現役医師は無理ですが、
 大浦武彦先生のますますのご活躍を祈念しています。

“第18回日本褥瘡学会北海道地方会”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    本間先生、まみ子師長さん、
    お疲れ様でした。

    褥瘡対策も進歩してるのですね。

    両親2人とも、
    寝たきりになり褥瘡だったので
    使わせてあげたかったと思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。褥瘡予防用のマットレスがよくなり、褥瘡予防の方法も改良されました。寝たきりになっても適切に対処していただくと褥瘡ができません。ご両親に使っていただきたかったですね。

  2. えりー より:

    朝から粉雪が降っていました。
    本間先生がご尊敬している
    大浦武彦先生がご講演なさったのですね。
    それは、まみ子師長さんも帯広
    からご出席されて有意義な時間に
    なったと思います。お疲れさまでした。
    大浦先生とてもお元気そうですね。
    褥瘡という言葉も本間先生の日記で
    初めて知りました。圧がかかって
    血流が悪くなるなど聞いたことが
    あります。困っている患者さんの
    お力になっていただけたらと
    思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。褥瘡じょくそうという言葉を広められ、工学部の髙橋先生と研究され、ユニ・チャームから新製品まで出されて、ほんとうにすごいと思いました。

  3. さくらんぼ より:

    褥瘡は寝たきりのお年寄りの方だけだと思っていましたが、背骨の手術を3回しましたが、大学病院では術後に臀部にムートンの円座クッションを貸してくれました。どの手術だったか忘れましたが、あまり動かないでいると臀部が痛くなり赤くなって診てもらったら褥瘡の始まりといわれ私でもなるんだと思いました。大浦先生、本間先生、まみ子師長さん、お疲れ様でした。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんのような背骨の手術後に気をつけないと褥瘡になることがあります。手術後は動けないですし、麻酔のために感覚がにぶくなっているからです。大浦武彦先生のおかげで褥瘡予防や治療が進歩しました。形成外科教授として在職中は形成外科を定年退官後には褥瘡を研究され、米寿まで現役はすごいとしか表現できません。奥様がご存命だったらお喜びになったのにと思います。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ