医学講座

支援届かぬうちに仲間は閉めていった

 今日は2020年4月18日(土)です。
 新型コロナで大変な毎日です。
 2020年4月18日、北海道新聞朝刊の記事です。
 支援届かぬうちに仲間は閉めていった 道内飲食店「行政の対応遅い」
 全国に拡大された緊急事態宣言を受け、鈴木直道知事は17日、道内での休業要請の実施を「国と協議して検討する」と述べた。札幌・ススキノなどの事業者からは「対応が遅く、休業補償を出したくないようにしか見えない」と冷めた声が上がった。道民に向けられた外出自粛要請が響いてすでに経営が厳しくなっている店舗も多く、店主らは「協力金などの支援がなければ生活できなくなる」と不安を訴えた。
 「(7都府県という)休業要請の先行例があるのに道や札幌市の対応は遅い」。来店客が5割以上減ったススキノの居酒屋の沢田隆史店長(29)は憤る。
 店は定休日を週1日から3日に増やし、経費を限界まで圧縮したが、家賃約20万円の支払いも難しくなり、家主に分納を相談している。沢田店長は「支援が届かないうちに店を閉めた同業者も少なくない。地元自治体に求められるのは、一刻も早い補償などの支援策のはずだ」と強調する。
 国は直接的な補償をしておらず、都道府県ごとの判断となる。先行して休業要請した7都府県は東京都が協力金50万~100万円、神奈川県は最大30万円など自治体間で差が出ている。
事業者への配慮なく乱暴
 ススキノでスナックを営む仙北屋真知子さん(45)は、4月の売り上げが9割減り「東京ぐらいの補償があれば、感染防止のためにとっくに臨時休業できていた」という。「国や道は夜の店を悪者にするばかり。『外出自粛を強く求める』なんて簡単に言わないで」と語気を強める。
 ススキノでバーを営む尾張慶三さん(57)も「行政がパトロールで外出自粛要請を呼びかけている以上、十分な支援メニューを示すべきだ」。店は2次会で使われることが多く、午後10時以降が来店のピークだったが、今月13日にパトロールが始まってから来客ゼロの日が続く。尾張さんは「あくまで客への自粛要請で飲食店への休業は求めていないというやり方は乱暴過ぎる」と憤る。
1日 2、3人に
 一方、7都府県では飲食店に午後8時までの営業短縮や、夜間の酒類提供の自粛を求めている。札幌市北区の地下鉄南北線北24条駅近くで、午前0時まで営業しているラーメン店「山水ラーメン」を経営する高橋行祐さん(80)は「客が激減する中、遅い時間に来てくれる客もいる。大幅な営業短縮を求められるなら、店を閉めるしかない」とする。来店客は1日2~3人まで減っており、高橋さんは「北24条も大変な状況。ススキノ以外にも目を向けた支援を」と訴える。
 7都府県で休業要請の対象となった札幌市中央区のネットカフェの店長は「住む場所を失う人が出かねず、休業要請が出たとしても素直にうなずけない」。
 店の個室50席の利用は約4割減り、他に住む場所がなく4年間利用し続ける客からは「店を閉めてしまうのか」と不安げに言われた。店長は「休業はネットカフェ難民をさらに追い詰める。要請するなら困窮して長期利用せざるを得ない人への一時的な住居確保策が必要だ」と要望している。(岩崎あんり、石垣総静、下山竜良)

ススキノでは、休業要請が出される前に臨時休業を決めた店も=17日、札幌市中央区(国政崇撮影)
(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 昨夜の安倍首相の記者会見で、
 国民一人10万円を支給するという方針が出ていました。
 私は、
 家賃の支払いも大変な中小事業者に、
 もっとあたたかい手を差し伸べる政策がいいと思います。
 ススキノの飲食店以外も大変です。
 新千歳空港の飲食店も大変です。
      ■         ■
 医療機関も大変です。
 新型コロナで病院はもうかっている?
 …と考える人はいないでしょうが、
 指定病院は大赤字になっていると想像します。
 ICUの診療報酬を2倍にするという案が出ていましたが、
 焼石に水どころか、
 病院存続の危機です。
      ■         ■
 私が勤務していた大きな病院では、
 集中治療部門や、
 救急部門は、
 もうかっていませんでした
 莫大な費用がかかるからです。
 病院の稼ぎ頭は、
 手術をたくさんしている科でした。
 私の記憶では眼科整形外科の売上が大きかったです。
      ■         ■
 新型コロナの患者さんを受け入れるために、
 定期手術が中止になっている病院がたくさんあります。
 稼ぎ頭の手術室が運営できないと、
 大部分の病院は赤字になります。
 今一番大切なのは、
 有効な治療法を見つけることです。
 マスコミには、
 感染者数が増えたという報道だけではなく、
 ○○という薬が効いていて
 臨床試験がはじまっています

 …というような話題も報道していただきたいです。

“支援届かぬうちに仲間は閉めていった”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    新型コロナウイルスを受け入れてる病院も
    大変な経営状態なのですね。
    知りませんでした。

    本間先生から臨床試験の薬があると
    お聞きしていたので
    知っていましたが
    報道のみを頼りにしてる友人は
    何も知りませんでした。

    テレビで見ましたが
    すすきのは閑散としてました。

    新型コロナウイルスで
    打撃を受けてる商売の方、
    補償問題、早くして欲しいでしょうね。
    不安だと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ほんとうに困っている人に援助できる政策がいいと思います。家賃を支払うことすらできない事業主はたくさんいると思います。病院も大変です。

  2. さくらんぼ より:

    そうです。新型コロナに効果がありそうな新薬の研究がここまで進んでいるとかの報道は無く、今日はどこで何人感染したかとかばかりです。山形県の取り組みとして今日から県境での検温を始めましたが、拒否する人もいて100%ではありません。家ではマスクはなんとかなっていますが息子の病院、施設では国から送られてきたマスクだけでは足りず職員はマスクの中にガーゼを入れてガーゼだけ取り替えています。
    一件2枚の給食マスクはいつ届くのでしょうか?
    1人10万もやめて、施設などへの十分な数のマスクや消毒液の配布、観光、商店、中小企業など打撃を受けたところに配るべきです。もちろん新薬の開発費用にも。
    足りなかったら安倍総理あなた達国会議員や公務員もの給料を半分にしてボーナスをカットしてでもそう使って下さい。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日は何人感染のニュースばかりです。感染者数が増えたのは検査数が増えただけのように思います。院内感染拡大防止のために検査数を増やすと患者数が増えます。ほんとうはもっと感染者数が多いと(私は)思っています。アベノマスクも一人10万円も気に入りません。もっと別の政策がいいです。不良品のアベノマスクが届いたという報道があります。

  3. ラズベリー より:

    北海道は緊急事態宣言を全国で2月28日最初に行い注目を集めました。複数回、北海道は緊急事態宣言を行っています。
    北海道は雪国ですよね。栄えているところそうでないところあります。移動距離も北海道は広いです。
    北海道知事は若いのに確かに頑張っていると思います。しかし、雇用助成金の上積みだけでは足りてないと思います。
    雇用調整助成金引き上げ
    足りないのは経済対策、何度も休校をしてますが学業の遅れに対する支援策は?と思っています。
    これは政府にも全国の知事や市町村の長にも言える事だと思います。
    自粛や休業を政府や知事らが言うなら感染対策だけでは駄目で【命を守る】のは【生活を守る事】でもあると考えます。経済対策もセットでなきゃ、と考えます。

    安倍総理や麻生大臣は所得制限ありの30万支給をしたかった。政府、財務省、経産省らが世帯主の収入にこだわるからおかしな事になったのです。一律給付金10万円は反対の立場でしたので山口代表に連立離脱の話を出されて渋々という感じでした。
    大家族優遇の給付金になりましたね。テレワーク財務省官僚からも高額になった上に急に予算編成の変更話がきてブーイングだと思います。
    4月16日に変更しても議員とかテレワーク公務員や大家族は生活費、養育費に充てる事が出来て喜ぶかもしれませんけど他、必要な人にはこの額では無理です。
    消費税減税(最低半年0円とか)とか住民税とか所得税減税もやらないと駄目ですよね。
    話は医療に変わりますが前にもコメントに書きましたが杉並区の田中良区長と杉並区医師会、基幹病院4つの病院がやっぱり素晴らしいです。
    杉並区は4つの病院が発熱外来センター(仮称)をやってくれるという事で月に1億円〜3億円病院を支援って都じゃなくて【区】が行うという異例の支援策です。
    発熱があってコロナ疑いは救急車お断りが増えてます。感染症対応病院に紹介、丸投げにされて感染症対応病院が軽症の患者も診る事になりたらい回しにされた患者も気の毒です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    詳しいコメントをいただきありがとうございます。病院が定期手術を中止して救命救急センターも患者を受け入れられない状態のようです。私は国の政策が悪いと思います。このままだと倒産や自殺者が増えると思います。

  4. えりー より:

    今朝この記事を見ました。今まで納税も
    してきたのに、どのように生活をしていけば
    良いのか困っている方に届く支援を考えて
    欲しいです。
    病院の手術数が減り運営が厳しくなる
    ことも深刻化する前に何か対策を
    考えていただきたいと思いました。

    先が見えない不安をさらに深める
    ようなニュースばかりだと戦う気力も
    失うと思うので、先生のおっしゃる
    ような希望のもてる話題提供もお願い
    したいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。毎日不安が増すような報道ばかりです。まじめにコツコツ仕事をしてきた人が困っているのに政策が悪いと思います。病院も機能していません。今、大きな病気になったら大変です。救命救急センターが機能していません。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ