医学講座

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

 年齢とともに出てくる、
 ‘黒い’皮膚病で多いのが、
 脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)です。
 しろうせかくかしょう
 と発音する先生もいらっしゃるようです。
 業界用語(医師や看護師の間の通称)は…
 セボケラと言います。
 英語のSeborrheic Keratosisの略です。
      ■         ■
 老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とか
 老人性イボなどという、
 不名誉な名前もついています。
 年齢とともに出てきますが…
 20台の若い女性にもあります。
 私が老人性…?
 とショックを受けることもあります。
      ■         ■
 顔にできる‘しみ’に見えることも…
 身体にできる…
 盛り上がった黒い…
 表面ががさがさした、
 腫瘤(しゅりゅう)に見えることもあります。
 大部分のせぼけらは、
 治療の必要はありません。
 放置して大丈夫です。
      ■         ■
 今から30年近く前のことです。
 私の父親は、
 夕張の炭鉱病院で薬剤師をしていました。
 単身赴任で寮生活をしていました。
 ある日…
 『耳の後ろに黒いできものがある!』
 と指摘され、
 心配で電話をかけてきたことがありました。
      ■         ■
 私:そんなもの…いつからあった?
 父:自分じゃ見えないから気付かなかった。
 私:床屋さんで言われたことあった?
 父:いや、言われなかった。
 私:大きくなった…?
 父:見えないからわからない。
 私:どうして気付いたの…?
 父:病院で言われた。
   こんなところに黒いものあった…!?
      ■         ■
 『ほくろのがん』が心配になった父は、
 夕張からわざわざ2時間もかけて、
 夜に札幌まで来ました。
 私:これ何ともないよ。
 かなり前からあったと思うけど、
 気付かなかっただけだよ。
 父親の脂漏性角化症は、
 30年後の今もそのままです。
 皮膚腫瘍やホクロの写真は
 新潟がんセンター
 故野崎敏彦先生HP
 稲葉クリニックHP
 などを参考になさってください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ