医学講座

目の上のくぼみ①

 目の上の窪み(くぼみで…
 悩む方は…
 意外と多いものです。
 目の上のくぼみで検索すると…
 いろいろな美容外科のHPがヒットします。
 目の上のくぼみを、
 医学的には上眼瞼(じょうがんけん)陥凹(かんおう)
 といいます。
      ■         ■
 目の上といっても
 正確には睫毛と眉毛の間です。
 ここが窪む(くぼむ)原因には、
①瞼の脂肪が減ってしまう。
②瞼を上げる筋肉が衰える。
③眼窩(がんか)という目が入っている骨が壊れた。
 などの原因があります。
      ■         ■
 ①の目の脂肪が減るのは、
 子どもが熱を出してげっそりした時などです。
 北海道では…
 『目が引っ込んだ』と言います。
 一重の子が二重になったりします。
 エネルギー源として、
 目の脂肪が消費されるためです。
 私も小さい頃によくなりました。
      ■         ■
 内科的な病気で、
 脂肪が極端に減ってしまうこともあります。
 体重が極端に減ってしまった時にも、
 目がくぼむことがあります。
 自己免疫疾患という病気で、
 自分の脂肪を壊してしまうこともあります。
 大きな病院の形成外科で
 治療を担当したことがあります。
      ■         ■
 ②の瞼を上げる筋肉が衰えるのは、
 眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)です。
 眉が上がって…
 額にシワができる…
 黒目が半分くらい隠れている…
 肩こりや、
 偏頭痛がするなど、
 眼瞼下垂症の症状があります。
      ■         ■
 ③の骨が壊れるのは、
 大部分が事故による骨折です。
 眼窩床骨折(がんかしょうこっせつ)といいます。
 目の下の部分の骨の骨折を…
 眼窩(がんか)ブローアウト骨折ともいいます。
 目の内側(目頭側)の骨は、
 卵の殻のように薄いので、
 壊れることがあります。
 ここの骨折を内壁(ないへき)骨折といいます。
      ■         ■
 スポーツの時に…
 他人の肘が目に当たり、
 骨折してしまうこと。
 ゴルフボールが目に当たって、
 骨折してしまうこと。
 冬道で転倒して骨折してしまうこともあります。
 顔の骨の骨折は形成外科です。
 さまざまな原因で…
 目の上がくぼみます。


眼瞼下垂症による
目の上のくぼみです

手術3年後です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ