医学講座

ボトックスにジェネリック医薬品を!

 昨日の院長日記わき汗ボトックス注射ができない人に書きました。
 ワキ汗ボトックスを日本に広めたのは
 美容外科です
 大学病院や市民病院ではありません。
 私がはじめてボトックスを注射したのは、
 中央クリニック新宿院です。
 日高士郎先生に教えていただきました。
      ■         ■
 当時の中央クリニック新宿院では…
 Dysport(ディスポート)という英国製の製品を使用していました。
 とても高価な薬です。
 冷蔵庫に大切に保管されていました。
 看護師さんが生理的食塩水で溶解して…
 大切に使っていました。
      ■         ■
 とても効果のある薬で、
 副作用もありませんでした。
 極細の針で慎重に注射していました。
 Dysportは医師が個人輸入で海外から輸入していました。
 英国製の製剤ですが…
 米国FDAの認可も得ています。
 私はず~っとこのディスポートを使用しています。
      ■         ■
 ボトックス-未承認薬が9割 
 …という院長日記を…
 2010年6月17日に書いています。
 朝日新聞の記事を引用しています。
 2010年の朝日新聞によると…
 ボトックスは、国内では昨年2月、65歳未満の成人で眉間の表情じわをとることを効能とする「ボトックスビスタ」が承認発売され、1瓶4万円台(2~4人分程度)で流通している。しかし、承認以前から個人輸入で使われていた薬が、承認薬の数分の1の価格で流通。承認薬を販売するグラクソ・スミスクラインによると、しわ取り効果をうたう薬剤は年間5万本以上が輸入されており、承認薬のシェアは数%という。
      ■         ■
 2009年に美容目的で…
 ボトックスビスタという製品が承認発売されました。
 65歳未満限定
 眉間以外には使えない
 (目尻などは不可)
 価格は個人輸入の2倍以上
 まったく売れませんでした
      ■         ■
 現在でもボトックスビスタは販売されていますが、
 価格は大幅にダウンしています。
 販売会社もグラクソ・スミスクラインから変わりました。
 健康保険が使える医薬品は、
 国が決めた製品だけです。
 価格も国が決めます。
 薬価やっかと言います。
      ■         ■
 わき汗ボトックス注射で一番儲かるのは…
 製薬メーカーです。
 グラクソ・スミスクラインは…
 ボトックスビスタで大損をしたはずです。
 承認を取得するのに要した費用と時間を…
 大幅に下回る数量しか売れなかったと想像しています。
 わき汗ボトックスでばんかいしようとしているように感じます。
 企業としては当然のことです。
      ■         ■
 日本の健康保険は大赤字です。
 国は増え続ける医療費に頭を悩ませています。
 国民の中には…
 ワキ汗ごときに保険適応はけしからん
 …という人もいらっしゃると思います。
 私は…
 8万円の注射代を…
 10回の分割払いで支払ってまで…
 注射に来ていただいた方が忘れられません。
      ■         ■
 中国製ボトックスは使う気になれませんが、
 FDAが認可した英国製ディスポート、
 韓国製の製品などは…
 信頼性が高いといわれています。
 (私は韓国製を使ったことはありませんが…)
 自民党の勝沼栄明(かつぬましげあき)衆議院議員に…
 ぜひ、がんばっていただきたいと願っています。
 国民のためになります。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ