医学講座

粉瘤(ふんりゅう)の手術2013④

 粉瘤には穴(あな)があります。
 毛穴ほどの小さな穴です。
 この毛穴のような穴が袋の入口です。
 ちょうどぶどうの実のようです。
 袋はぶどうの皮より薄いです。
 オブラート程度のこともあります。
      ■         ■
 しぼるとその穴から…
 臭いにょろにょろがでてきます。
 部位によって…
 出やすいところと…
 なかなかにょろにょろが出ないところがあります。
 つぶして小さくするのは悪いことではありません。
 そうして粉瘤と共存することもできます。
      ■         ■
 困るのは…
 穴からバイ菌が入ることです。
 何かのきっかけでバイ菌が入ると…
 赤く腫れます。
 ニキビが化膿するのと似ています。
 触っても押しても痛いです。
 そうなるとしぼると激痛です。
      ■         ■
 バイ菌が入って赤く腫れた状態を…
 感染性粉瘤(かんせんせいふんりゅう)といいます。
 まみ子師長さんのご指導通り…
 感染をおこして腫れている場合は
 抗生剤で化膿を治めてから
 形成外科の受診を促します。
 感染が悪化すると…
 つぶれて膿と血と垢が出ることがあります。
 これを自壊(じかい)と呼びます。
      ■         ■
 理想的なのは…
 粉瘤が小さいうちに摘出することです。
 傷も小さくて済みます。
 臭い液も出ません。
 顔に傷を残したくなかったら…
 自分でしぼったりせず…
 早めに専門家に診ていただくことです。
 穴があればまず誤診はありません。
 治療は手術で取り出すことです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ