医学講座

飼い犬に手をかまれる2013

 昨日、うちの奥さんが…
 そら君に手をかまれました。
 嘔吐した食物残渣を…
 そら君がまた食べようとしたので…
 それを止めさせようとしたところ…
 う~ぅ
 …と言って右手の人差し指をがぶり
      ■         ■
 血が出て腫れているので、
 晩ご飯の後片付けができません。
 私が代わりに食器と鍋を洗いました。
 後片付けは苦にならないのですが、
 台所をピカピカにしないと気がすまないので…
 ちょっと時間がかかりました。
 お風呂掃除もしました。
      ■         ■
 犬に咬まれる
 …という2008年3月24日の院長日記があります。
 釧路労災病院形成外科に勤務していた時に、
 藤岡浩賢先生が学会で発表してくれました。
 釧路労災病院形成外科を開設してから、
 10年近くのカルテを丹念に調べてくれました。
 その結果、釧路労災病院形成外科では、
 毎年、春と秋に犬に咬まれてケガをし、
 受診する人が多いことがわかりました。

      ■         ■
 藤岡先生は詳しく調べてくれましたが、
 春と秋に多い原因は不明でした。
 当時は、まだ今ほど室内で飼うのは一般的ではなかったと思います。
 ただ、犬の発情期と何らかの関係があるようでした。

 犬に咬まれたキズで一番困るのが顔のケガです。
 私もよくしていますが、
 犬に顔を近づけてよしよしをします。

      ■         ■
 顔を近づけた時に、
 犬が間違って咬むと大変です。
 口唇がちぎれてなくなった人もいます。
 鼻の頭が、食いちぎられてしまった人もいます。
 若い女性や子供さんは
 絶対に
 犬にペロペロは避けていただきたいです
 私が今までに診た患者さんの中で、
 一番重症だったのは、
 女性に鼻の頭を食いちぎられた男性でした。
      ■         ■
 犬の口にも…
 人の口にも…
 バイ菌がいます。
 化膿すると大変です。
 飼い犬にかまれないように…
 どうやってしつけをするかが一番の問題です。
 犬は咬むものだと思ってください
 かまれると大変です。
 飼い犬は手をかみます

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ