医学講座

悪魔に魂を売る

 私の院長日記に、
 悪魔に魂を売るという言葉が、
 何度か登場しています。
 美容外科の売上
 …という2007年1月24日に院長日記が最初です。
 一番最近のは、
 ひでーことしやがる
 …という2014年1月30日のに院長日記です。
      ■         ■
 そもそも、
 私が開業しようと思ったきっかけの一つが、
 帯広の美容外科でわきが手術を受けた患者さんでした。
 帯広市医師会_医者のつぶやき
 1996年頃に、
 帯広市医師会の広報誌に投稿した文章です。
 今ではネットでも読めないようです。
      ■         ■
 開業して10年になります。
 私が手術をしても、
 左右差が出ることもありますし
 再手術になることもあります
 形が気に入らないと言われることもあります
 ストレスの多い仕事です
 100%満足は難しいです。
      ■         ■
 最近思うことです。
 まじ
 やばい
 美容外科
 多すぎるべ。
 昔から薄利多売で有名だった美容外科があります。
 そこでワキガ手術を吸引法で受けて
 治っていない患者さんをたくさんみました
      ■         ■
 売り上げ減少のためでしょうか?
 とんでもない価格を吹っかけられて、
 最後に先生が出てきて、
 100万円のを、
 特別価格40万円にします。
 さあすぐに手術をしましょう
 …と言われたという患者さんを何人か診ました。
 これ以上、
 悪魔に魂を売らないでください
 …一人の美容外科医師としての言葉です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ