医学講座

多汗症治療の難しさ2014

 札幌美容形成外科には、
 多汗症で悩む患者さんがたくさん来院されます。
 看護師さんも、
 お医者さんも、
 薬剤師さんも来院されます。
 医療関係者に選んでいただけるのは、
 大変名誉なことでうれしいことです。
      ■         ■
 札幌美容形成外科を開業するまで、
 ワキガも多汗症も、
 同じ手術で改善すると思っていました。
 文献を読んでも、
 教科書を読んでも、
 わきがと腋窩多汗症は、
 同じ手術法が書いてあります
      ■         ■
 脇の皮膚を切開して、
 汗腺や毛根を切除すれば、
 臭いも汗も少なくなると思っていました。
 開業して10年になります。
 ワキガと腋窩多汗症は、 
 別の病態だと考えています。
 ワキガを手術で治しても、 
 手術後数ヵ月で、
 ある程度の汗は出るようになります
      ■         ■
 その出てきた汗の臭いで、
 ワキガの再発だと言われたこともあります
 腋臭症手術は皮膚の裏側から、
 汗腺や毛根を切除する手術です
 ワキガ独特のにおいはほぼなくなります。
 手術直後は、
 脇に触っても感覚がにぶいです。
      ■         ■
 でも、軟膏をつけてマッサージをして、
 皮膚がしだいに柔らかくなってくると、
 感覚が戻ってきます
 神経が再生してくるからです。
 神経や血管は、
 切られても植物の芽のように、
 再生してきます。
 神経や血管がないと困るからです。
      ■         ■
 汗腺や毛根はしっかり取ると再生しません
 神経が戻ってきて、
 脇の皮膚の感覚が戻ってくると、
 エクリン汗腺という汗腺へも神経が届きます。
 エクリン汗腺は皮膚の浅い層にあります。
 どんなに丁寧に手術をしても、
 完全に取り除くことはできません。
 このエクリン汗腺からの発汗が腋窩多汗症です。
      ■         ■
 先日、脇汗ボトックスで来院された患者さんは、
 昔、稲葉クリニックで手術を受けていらっしゃいました
 多少の傷はありましたが、
 アポクリン腺も毛根もありませんでした。
 ワキガの臭いもしませんでした。
 でも多汗症がありました。
 稲葉法で皮膚を薄くする手術をしても、
 エクリン汗腺までは取り除けません。
      ■         ■
 ここ何年か、
 米国製のわきが治療機が日本で流行しています。
 高価な治療です。
 その機器が効果的だと宣伝しているクリニックがあります。
 札幌美容形成外科では導入していません。
 残念なことですが、
 その高価な機器で35万円も払ったのに、
 半年したら多汗になったという患者さんも来院されました。
 多汗症の治療は難しいと思います

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ