昔の記憶

実家のロールキャベツ

 結婚して33年になりました。
 実家で母親が作ったご飯を食べた年数より、
 奥さんが作った料理が長くなりました。
 家内とはよく喧嘩をしますが、
 料理については文句はありません。
 感謝しています
      ■         ■
 私は北海道生まれの北海道育ちで、
 家内は生まれも育ちも関西です
 うどんのつゆは、
 透明です。
 味は薄味です。
 どちらも私の好みです
 関西や四国のうどんは美味しいと思います。
      ■         ■
 私が実家の味で気に入っているのが、
 ロールキャベツです。
 ロールキャベツの中身が、
 お肉ではなく、
 コロッケのようにじゃがいもが入っています。
 他では食べたことがないロールキャベツです。
      ■         ■
 母親が元気なうちに、
 実家のロールキャベツを作ってもらって、
 作り方も教わりました。
 どこで覚えたのか聞いてみたところ、
 母親がオリジナルで考えたそうです。
 お肉は高くてたくさん買えなかったので、
 コロッケのようにじゃがいもを混ぜたそうです。
      ■         ■
 なるほど、、、
 ばあさんなかなかやるじゃん
 …と言ったところ、
 うちの奥さんが、
 お義母さんはアイデアマンょ
 …と誉めてくれました。
 なるほど。
      ■         ■
 確かに昔の本間家は貧乏でした
 母親は日本団体生命保険という会社の外交員をしていました
 よく日本生命と間違えられていました。
 三菱信託銀行の財形貯蓄のおばさんもしていました。
 大学生になるまで、
 牛肉なんて食べたことがありませんでした。
 実家の中身がコロッケのようなロールキャベツ
 なかなか美味しいです。
 退職したら自分で作ってみます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ